熊本県警察
ホーム  >  分類から探す  >  熊本県警の紹介  >  採用案内  >  警察学校

警察学校

最終更新日:
 

目標は日本一の警察官 

 警察官として活躍するためには、どんな困難にも屈しない逞しさはもちろん、人や街への思いやりが必要。
 警察学校では、そんな強さと優しさを兼ね備えた真の警察官を育成します。

 

 

 

警察学校 写真

 
 責任感とゆるぎない精神、そして警察官としてのプロ意識を養う。

 警察官としての第一歩を踏み出す警察学校。
 仲間であり、ライバルである若き同士たちと共に切磋琢磨しながら成長する日々の始まりです。
 
 
 

教養システム 

 警察官Aの場合、初任教養として6か月間(警察官Bは10か月間)、警察学校において職務に必要な基礎的知識・技能を学びます。

 警察学校卒業と同時に警察署に配置となり、交番勤務、刑事実習のほか各部門の基礎的、実践的知識・技能についてマンツーマンで指導を受けます(警察官A、Bともに3か月間)。

 その後、再度警察学校において2か月間(同3か月間)総仕上げの教養を行います。

 最後に、警察署の交番において実務能力の習得に向けた実戦実習4か月間(同5か月間)を経て、晴れて警察官として独り立ちします(合計/警察官A:15か月間、警察官B:21か月間)。

 警察行政・警察事務の場合は、警察職員として必要な基礎的知識及び心構えを学ぶため、警察学校において1か月間の教養を受け、その後、警察署等に配置となります。

 

寮・学校生活

 警察の仕事は、警察職員同士の強い絆とチームワークが求められるため、警察官、一般職員双方とも全寮制で密度の高い教育・訓練を行っています。

 学生は、寮生活を通じてお互いの友情を深めるとともに、勉学、スポーツ、余暇生活等充実した毎日を送っています。

 入校後一定期間を過ぎると門限まで外出ができるようになり、週休二日制ですので、金曜日から日曜日にかけての外泊もできます。

 学生寮は他の学校施設とは別棟で、簡易個室、自習室等が整備されています(男女の寮は別棟)。

 もちろん、学校での教養期間も勤務の一環ですから、食費の負担はありますが、給与・ボーナスは支給されます。

 

 


 

このページに関する
お問い合わせは
熊本県警察本部 警務部 警務課
〒862-8610
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
電話:096-381-0110
(ID:72)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【熊本県警察本部】 〒862-8610  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号  |   周辺地図(交通アクセス)  |   Tel:096-381-0110
CopyRights 2015 Kumamoto Prefectural Police Allrights Reserved.