熊本県警察
ホーム  >  分類から探す  >  熊本県警の紹介  >  応援メッセージ・県民の声  >  警察に対する感謝の声  >  警察に対する感謝の声

警察に対する感謝の声

最終更新日:
 

ご遺族に対する適切な対応への手紙(平成25年8月)

感謝された活動

 平成25年8月、阿蘇警察署管内で県外の男性が、作業中に転落して死亡するという事案が発生しました。

 この事故発生後、男性のご遺族が来熊されたのですが、地理不案内なご遺族に対して、阿蘇警察署員が、空港への送迎、現場案内、葬儀社の手配、ご遺体の搬送手段・方法・費用の確認、宿泊先の手配等、突然の不幸に直面したご遺族の立場に配意した活動を行いました。

 この警察官の活動に対して、ご遺族から感謝の手紙が寄せられました。
 

謝辞の手紙

 去る8月の息子の事故に際しましては、大変お世話になりました。

 あまりにも突然の出来事で、また不慣れな土地でどうしてよいかわからない中で、皆様の親切丁寧なご対応により、息子をすぐに連れて帰ることができました。

 葬儀も終わり、少しずつ普段の生活を取り戻そうとしております。本当にありがとうございました。

 皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

 

  

旅行客に対する適切な対応への感謝の手紙(平成25年8月)

感謝された活動

 平成25年8月のお盆の時期に、県外から旅行に訪れた車両が、阿蘇警察署前の国道上で故障により立ち往生しました。
 これを発見した阿蘇警察署員は、事故防止の観点から車両を手で押して、安全地帯に移動させました。
 旅行客の方は、県外の方であり、地理不案内に加え、折りからのお盆休みで休業している整備工場が多かったのですが、署員は四方八方手を尽くして整備業者を探し出したことにより、代車を手配することができ、その後旅行客の方は、旅行を継続することができました。
 この警察官の活動に対して、感謝の手紙が寄せられました。
 

謝辞の手紙

  8月14日には、車のエンジンの故障で困っていたところを阿蘇警察署の方々が各方面に電話していただいたおかげで、整備業者を見つけることができました。

 代車も借りることができ、次の目的地に行くこともできました。

 整備業者の方にもよくしていただき、お盆休みにもかかわらず、故障した車は17日に修理ができあがりました。

 次は孫たちをつれて阿蘇に観光に訪れたいと思っています。本当にありがとうございました。 

 

 

迷い老人の発見保護に対する謝意(平成26年1月)

感謝された警察活動

 本年1月、県外から一人で観光に訪れた70歳代の男性が、山都警察署管内で道に迷い、崖崩れの多い林道へと入り込みました。

 男性が運転する車は、落下していた岩に接触したことによりオイルが漏れ、走行不能となりました。

 この件では、夜間、男性と携帯の連絡が取れなくなった妻が110番通報するなどしたことから、山都警察署員において捜索を開始しました。

 その結果、深夜に内大臣橋から林道を約3キロ入った地点で男性を無事発見しました。

 この活動に対して、後日男性本人が山都警察署を訪れて謝辞を述べるとともに、事案の対応に当たった警察官に対して感謝の手紙が寄せられました。

謝辞の手紙

 内大臣橋と国見岳の登山口で警察官の方に救助していただいた者です。

 遅くなりましたけど、その節は、大変お世話になりました。ありがとうございました。妻とともに喜んでいます。

 あのときは、本当に優しく接していただき、警察官の暖かさが身にしみました。本当にありがとうございました。

 

詐欺の被害金を取り戻したことに対する感謝の手紙(平成26年2月)

感謝された警察活動

 本年2月上旬、熊本市の70歳代の女性が、「東北の原発事故の放射線対策装置を3000万円で購入するので、寄付をしてもらいたい」と求められました。
 女性は当初この話を信じたのですが、その後「3000万円もの大金は準備できない」と断りの電話を入れたところ「キャンセル料がかかる」と言われ、現金400万円を宅配便で大分県へ発送しました。
 その後不審に思った女性が、熊本北警察署に相談したところ、同署の警察官が大分県警などと連携するとともに、宅配業者にも連絡するなどして、犯人の手元に渡る前に400万円を取り戻したことにより、女性は被害に遭わずに済みました。
 この警察活動に対して、女性から感謝の手紙が寄せられました。
 

謝辞の手紙

 今回の件では、まさか被害に遭った現金が戻ってくるとは思いませんでした。

 私のためにご苦労していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 改めて警察の方々の日頃の働きに心から感謝するとともに、今後慎重に生活していくよう肝に銘じたところです。

 このたびは、本当にありがとうございました。 

 

 

行方不明者の発見に対する感謝の電話(平成26年8月)

感謝された警察活動

 平成26年8月、芦北警察署管内で県外から来られた70代の男性が、一緒に来た妻を置いて行方不明になったという通報がありました。
 男性は認知症が進行しており、妻とともに墓参りに来たことを忘れて、車でどこかに行ってしまったようで、女性は大変動揺しておられました。
 芦北警察署員が女性を落ち着かせ男性の特徴や車のナンバーに加え、日常の生活不安に対する話や、運転免許証の自主返納など親切丁寧な対応で女性の不安解消に努めていると、届け出から4時間後、八代警察署管内で男性と車を発見し、無事に再会を果たしました。
 

謝辞の電話

 「夫の物忘れが激しいとわかっていながら、一緒にいるのだから大丈夫と思って油断したのが原因だったと思います。

 気が動転して要領を得ない私の話を親身に聞いてくださった警察の方のおかげで無事に主人に会うことができ、普段と変わらない日常を取り戻すことができました。

 心配していただいた運転免許証の返納についても手続きを進めています。

 皆さんにはくれぐれもよろしくお伝えください。」

 

 

音楽隊定期演奏会に対する意見・感想(平成26年10月) 

 10月18日、熊本県立劇場で熊本県警察発足60周年記念県民ふれあいコンサートを開催しました。

 演奏会に関して、感謝の声や励ましの言葉をいただきました。

 

感謝の声・励ましの言葉

○童謡を聴いた時に父母のことを思い、泣けてきました。ありがとうございました。
○広報の演劇がおもしろく、警察に親しみを感じました。音楽は最高にステキでした。
○60周年の記念コンサートとして大変良かったです。県民にわかりやすい音楽、選曲だったと思います。
○カラーガードのステージがとても楽しかったです。ロッキーのハイトーン感動しました。アンコールで1曲プログラムにない曲を聴きたかったです。
○県警の60年の歩みが知れ、すごいなーかっこいいなーと思いました。音楽隊の演奏も、カラーガードの演技もとてもすばらしかったです。元気になりました!

これからも兼務大変だと思いますが、がんばってたくさんの人に元気を与える音楽隊でいてください。

 

 

事故処理に対する感謝の手紙(平成27年2月、4月) 

感謝された警察活動

 県外から旅行で熊本に来られた際に事故を起こされ、不安な思いをされた方々から事故処理にあたったそれぞれの警察官(小国署、宇城署)の言動でその不安が和らいだと感謝の声をいただきました。
 

謝辞の手紙

○久しぶりに休みが取れて、家族旅行で黒川温泉に来たのですが、狭い道路でレンタカーを擦ってしまい、初めて事故を起こしたのでどうしたらいいかわからず、不安な気持ちで110番通報したところ、赤馬場駐在所の方が来て下さいました。

 明るく大変親切に事故処理をしていただき、その他にご相談したレンタカーの他の傷についても的確にアドバイスをしてくださいました。

 どうしてもお礼が言いたくて、筆を執った次第です。

○私は、休暇を取って妻と2泊3日の旅行をしておりました。

 人吉へ向かう途中、山深く入り込んでしまい、事故を起こしてしまいました。駆けつけてきてくださった警察官2人が本署と連携しながら、保険会社やレッカー会社などと冷静に対応してくださいました。また、氷点下並の気温と、野獣も出没する危険な場所を考慮し、長時間にわたって私たちを車内で保護してくださいました。

 警察の方や道路を使用する地域の皆様には多大なご迷惑をお掛けした中、皆様からの「心温かいご支援」は今回の旅で得た最高の収穫であったと勝手ながら思っています。

 

 

駐在所作成のミニ広報紙に対する意見(平成27年5月)

 毎月、交番や駐在所において「ミニ広報紙」という管内の行事や事故、事件そして防犯情報などを織り交ぜた情報紙を作成しています。地域住民の方に警察活動について御理解いただく手段の一つとして、その内容について作成者がそれぞれ毎月創意工夫しております。
 

謝辞の手紙

 (玉名警察署大浜駐在所発行の「広報・大浜」をご覧になった方からお葉書をいただきました。)

 「広報・大浜」が回ってきました。私はいつも一番に「駐在所雑感」、そして「大浜ニュース」を読み、それから上段から順に読み進めます。

 「駐在所雑感」では、その都度教えられることが多いです。

 今月の駐在所雑感にありましたように、駐在所に「駐在所員が異動していなくて嬉しくなった。」と電話があり、それを受けた駐在所員も嬉しかったと書かれていましたが、私もその方と同じように、大浜駐在所の方が変わられていなくて有り難いなと思いました。また、「大浜ニュース」には、私たちの住む地区の事故や事件の発生状況が掲載されていますが、その身近な数字が、私の運転する際の気を引き締める素となっています。

 危険を伴うご苦労の多い仕事ですが、どうぞよろしくお願いします。

このページに関する
お問い合わせは
熊本県警察本部 警務部 広報県民課
〒862-8610
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
電話:096-381-0110
(ID:65)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【熊本県警察本部】 〒862-8610  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号  |   周辺地図(交通アクセス)  |   Tel:096-381-0110
CopyRights 2015 Kumamoto Prefectural Police Allrights Reserved.