熊本県警察

地域安全ニュース(改元詐欺に注意)

最終更新日:
  • 新元号が「令和」と発表され、改元も迫っています。

他県では、改元を口実とした振り込め詐欺の被害が確認され、熊本県内でも発生する可能性があります。

 

 地域安全ニュース(改元詐欺に注意)(PDF:108キロバイト) 別ウインドウで開きます


 

予想される手口

 ※ オレオレ詐欺

   金融機関の職員などを装い、「元号が変わればキャッシュカードが使えなくなる。キャッシュカードを

   交換するために受け取りに伺います。」等とウソを言って、キャッシュカードを送らせたり、受け取りに

   来る。

 ※ 還付金詐欺

   市役所の職員等を装い、「還付金が受け取れます。『令和』になる前までに手続をしないと受け取れません。

   すぐにATMに行って。」等とウソを言って、ATMを操作させて送金させる。

 ※ 架空請求詐欺 

   「当選金が受け取れます。元号が変わる前までに手数料を振り込まなければ当選金は受け取れません。」等と

   言って、手数料や供託金の名目でお金を振り込ませる。

 

上記の手口だけでなく、詐欺の犯人は様々な口実や手口であなたをだまそうとしています。

 

被害にあわないために

電話でお金の話が出たら「詐欺かも」と疑う

公的機関からの電話は、一旦電話を切り、代表電話の電話番号に電話をかけ直して確認する

すぐにお金を支払ったりせず、家族や警察に相談する

このページに関する
お問い合わせは
熊本県警察本部 生活安全部 生活安全企画課
〒862-8610
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
電話:096-381-0110
(ID:1522)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

【熊本県警察本部】 〒862-8610  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号  |   周辺地図(交通アクセス)  |   Tel:096-381-0110
CopyRights 2015 Kumamoto Prefectural Police Allrights Reserved.