熊本県警察
ホーム  >  分類から探す  >  安全な暮らし  >  肥後っ子サポートセンター  >  肥後っ子サポートセンターの紹介
ホーム  >  分類から探す  >  相談・意見・苦情  >  少年相談(肥後っ子サポートセンター)  >  肥後っ子サポートセンターの紹介

肥後っ子サポートセンターの紹介

最終更新日:

熊本県警察では、非行少年や不良行為少年、被害少年に対して継続した保護・支援活動等を行うことにより少年の立ち直りへの手助けをしています。

 

肥後っ子サポートセンターって?

 最近の少年非行をめぐる情勢は依然として厳しく、特に最近は短絡的な動機から強盗や恐喝といった重大な犯罪を敢行する「いきなり型非行」が多発しています。このため、前兆段階で非行の芽を摘み、少年の健全な育成を図ることが必要であります。

 また、犯罪等の被害を受けた少年の精神的ダメージは成人よりはるかに大きいと言われています。

 「肥後っ子サポートセンター」ではこのように犯罪行為等を繰り返す「非行少年」や重大な非行の前兆となりうる「不良行為少年」、精神的に打撃を受けた「被害少年」に対して、継続的な補導や保護支援活動(以下「サポート活動」という。)を積極的に推進しております。
 同センターは、警察本部少年課内と八代警察署生活安全課内の2ヶ所に設置されています。

 

非行少年って?

 窃盗や暴行等の犯罪を犯した少年のことを言います。
 

不良行為少年って?

 飲酒、喫煙、夜遊び等自己または他人の特性を害する行為をしている少年のことを言います。このような不良行為を繰り返すうち、強盗などの重大な犯罪を犯してしまうこともあるのです。 

 

被害少年って?

 犯罪やいじめ又は児童虐待等により被害を受けた少年のことを言います。

 最近、カウンセリング等の継続的な支援が必要と思われる被害少年が増加しています。
 

肥後っ子サポートセンターにはどんな人たちがいるの?

 肥後っ子サポートセンターは、警察官、臨床心理士、スクールサポーター、ボランティアである少年サポーターで構成されています。
 ・警察官
  男性警察官、女性警察官がそれぞれの特性を活かし活動しています。
 ・臨床心理士
  カウンセラーとしての専門的な立場で少年の立ち直りを支援します。
 ・スクールサポーター
  熊本県の非常勤職員として採用された警察官OBが豊富な経験を生かした支援活動を行っています。 
 ・少年サポーター
  少年問題に理解の深い民間の方々を警察から委嘱しており、職種は会社員、自営業、大学生等様々で、それぞれの特性を活かした活動をしています。

 

どんなことをしているの?

 肥後っ子サポートセンターでの具体的な活動内容は次のとおりです。

 

 1.非行少年の支援活動

  非行を繰り返す非行少年に対し、支援活動を行っています。

 2.不良行為少年の発見及び継続補導
  不良行為少年の発見保護活動を行うとともに、その少年及び家族等に対し、その問題性が除去されるまで注意、助言、指導等を行います。

  1.  3.被害少年の保護、支援活動
  2.   被害を受けた少年及びその家族に対し、被害少年の立ち直りのための継続的なカウンセリング等の支援活動を行います。
  3.  4.肥後っ子テレホンなどによる少年相談の受理業務
      少年相談を受理し、家庭、学校、職場等と連携をとりながら 適切な措置を講じます。
  4.  5.関係機関との連携
      効果的なサポート活動等を行うために関係機関と緊密な連携を図っています。
  5.  6.少年非行防止の広報活動
      各種非行防止教室、座談会等を通して、効果的な広報活動を行います。

 

誰でも相談していいの? 

 どなたでも相談できます。

 肥後っ子サポートセンターでは、少年の窃盗や薬物乱用などの犯罪に関わる相談、家出や夜遊びなどの不良行為の相談、犯罪被害やいじめなどの相談を少年自身や保護者等から、電話やメールにより受け付けています。また来訪、家庭訪問による相談も受け付けています。

  相 談 例 

  <<<<<子どもから>>>>>

   ・ 友達からいじめられる

   ・ 友達との仲がうまくいかない

   ・ 学校に行きたくない

  <<<<保護者等から>>>>

   ・ 子どもが家に帰って来ない

   ・ 学校に行かない

   ・ 犯罪の被害にあっているようだ

   ・ 子どもがシンナーを吸って困っている

  など・・・ 

  ご相談はお気軽に!  秘密は厳守します!

 

相談したらどうなるの?

電話での助言、指導

 相談に応じ、助言、指導を行います。
 

面接での助言、指導

 相談者や少年と面接し、助言、指導を行います。
 
     

 

サポート活動

 保護者の承諾を得たうえで、継続的に電話連絡や面接、家庭訪問等を行い、少年に対する継続的な補導活動や保護、支援活動を行います。必要に応じて少年サポーターと連携して支援活動を行います。

     

 

事件の手続きとサポート活動

 必要に応じ事件の手続きをとり、その後も継続してサポート活動を行います。

     

 

他機関への引継ぎ

 相談内容によっては、さらに適切な専門機関へ引き継ぎます。

 

 
 被害少年に対するサポート活動の仕組み
 被害少年のサポート活動は、肥後っ子サポートセンターが中心となり次のような流れで行います。
 
 肥後っ子サポートセンターや各警察署で相談を受け付けます。
    
 少年及び保護者からサポート活動の同意を得て、サポート活動を開始します。
    
 肥後っ子サポートセンター員が家庭訪問等による面接などを通じてカウンセリングや助言・指導等のサポート活動を行います。必要に応じて少年サポーターと連携してサポート活動を行います。
    
 精神的な被害が回復すればサポート活動を終了します。

  

肥後っ子サポートセンターのある場所は?

 本部は 熊本県警察本部少年課内に、城南分室は八代警察署生活安全課内に設置されています。

肥後っ子サポートセンター本部

<熊本県警察本部少年課内>

      肥後っ子テレホン
(フリーダイヤル)0120−02−4976 
(TEL& FAX)  096−384−4976

(Mail)メールアドレスを画像で表示しています。

(相談受付)平日8時30分~17時15分

 

肥後っ子サポートセンター城南分室

<八代警察署生活安全課内>
TEL 0965−33−0110(内線272)

このページに関する
お問い合わせは
熊本県警察本部 生活安全部 少年課
〒862-8610
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
電話:096-381-0110
(ID:131)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【熊本県警察本部】 〒862-8610  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号  |   周辺地図(交通アクセス)  |   Tel:096-381-0110
CopyRights 2015 Kumamoto Prefectural Police Allrights Reserved.