熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  危機管理  >  防災・災害・危機情報  >  防災・災害情報  >  土石流・地すべり・がけ崩れ
ホーム  >  組織から探す  >  土木部  >  砂防課  >  土石流・地すべり・がけ崩れ

土石流・地すべり・がけ崩れ

最終更新日:
土木部 砂防課 TEL:096-333-2553 FAX:096-387-2380 メール sabou@pref.kumamoto.lg.jp

土石流・地すべり・がけ崩れ

土石流とは

山や谷の土、砂、石などが、梅雨の長雨や台風の大雨による水と一緒になって、ものすごい勢いで流れてくるものを土石流といいます。

                      

土石流を表したイラスト 水俣市集地区宝川内(平成15年7月発生)

土石流

 

水俣市宝川内集地区(平成15年7月発生)

 

 

地すべりとは

 地すべりは広い範囲にわたって起こるのが特徴です。ふつう地すべりはゆっくり動きますが、突然一気に数メートルも動くことがあります。たくさんの家や田畑、道路などが壊されてしまいます。
 また、地すべりによってせき止められた川の水が下流に一気に流れて、大災害をもたらすこともあります。
地面は、かたさや種類の違う土や石が、いくつもの層になって積み重なってできています。大雨が降り続くと地下に水がたくさんしみ込み、水を通しにくい粘土層の上に水がたくさん溜まります。するとその力に持ち上げられて粘土層をさかいに上の地面がゆっくりと動き出します。これが地すべりといいます。

地すべりを表したイラスト
                  地すべり
 

がけ崩れとは

 雨や雪解け水などが崖の中にしみ込んで、突然崩れ落ちるのががけ崩れです。地震で起こることもあります。崩れそうな様子があまりなかったのに急に崩れ、逃げる時間もなく人が死んでしまったり、家がこわされたりします。

 

    

がけ崩れを表したイラスト 宇土市長浜地区(平成9年7月発生)写真

がけ崩れ

 

宇土市長浜地区(平成9年7月発生)

 


このページに関する
お問い合わせは
土木部 砂防課
電話:096-333-2553
ファックス:096-387-2380
メール sabou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:8916)
別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.