熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  動物、植物、自然公園  >  動物愛護  >  動物取扱業、特定動物  >  特定動物の飼養・保管に係る諸手続及び申請書様式
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉部  >  健康危機管理課  >  特定動物の飼養・保管に係る諸手続及び申請書様式

特定動物の飼養・保管に係る諸手続及び申請書様式

最終更新日:
健康福祉部 健康危機管理課 TEL:096-333-2239 FAX:096-387-0167 メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp

特定動物の飼養・保管について

特定動物とは

 「動物の愛護及び管理に関する法律」で、人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物を特定動物といいます。 
 特定動物を飼養・保管する場合には、県知事の許可が必要です。
 ただし、診療施設において獣医師が診療のために特定動物を飼養又は保管する場合などは、許可を要しません。

※詳細は、環境省ホームページ:特定動物リストをご参照ください。

飼養・保管許可申請について

◇ 「飼養・保管許可の申請手続きについて」 
 
特定動物を飼養又は保管するためには、動物の種類ごとに、施設基準に適合する飼養・保管のための施設を設置し、その飼養施設を管轄する保健所へ申請を行い許可を受ける必要があります。 

・ 申請手数料:1件目 15,500円(同時申請の場合、2件目以降11,000円)

手続きの流れ
1 保健所(熊本市の場合は熊本市動物愛護センター)への事前相談・施設の設置

2

飼養・保管許可の申請(動物の種類ごと)
3

保健所職員による施設の検査

4 飼養・保管の許可(有効期間は5年間)
5 飼養・保管の開始(標識の掲示・基準等の遵守)
6 識別措置の実施及び届出(飼養を開始後30日以内)
7 更新手続き(有効期間満了後は飼養・保管はできなくなりますので、期間の経過前に余裕をもって更新申請を行ってください。)

 


◇ 申請受付窓口 

 各種申請の窓口は、飼養施設の所在地を管轄する保健所で受け付けています。
(※申請は、郵送等では受け付けておりません。その他、詳細については以下の窓口に直接お問い合わせください。)

登録窓口一覧

 管轄区域

保健所名

 住所

 電話番号

 荒尾市、玉名市、玉名郡

有明保健所
衛生環境課

〒865-0016
玉名市岩崎1004-1

0968-72-2184

 山鹿市

山鹿保健所
衛生環境課

〒861-0501 
山鹿市山鹿465-2

0968-44-4121

 菊池市、菊池郡

菊池保健所
衛生環境課

〒861-1331 
菊池市隈府1272-10

0968-25-4135

 阿蘇市、阿蘇郡

阿蘇保健所
衛生環境課

〒869-2301
阿蘇市内牧1204

0967-32-0535

 上益城郡

御船保健所
衛生環境課

〒861-3206
上益城郡御船町辺田見400

096-282-0016

 宇城市、宇土市、下益城郡

宇城保健所
衛生環境課

〒869-0532
宇城市松橋町久具400-1

0964-32-0598

八代市、八代郡

八代保健所
衛生環境課

〒866-8555
八代市西片町1660

0965-32-6121

 水俣市、葦北郡

水俣保健所
衛生環境課

〒867-0061
水俣市八幡町2-2-13

0966-63-4104

人吉市、球磨郡

人吉保健所
衛生環境課

〒868-0056
人吉市寺町12-1

0966-22-3107

 天草市、上天草市、天草郡

天草保健所
衛生環境課
〒863-0013
天草市今釜新町3530

0969-23-0172

 熊本市

熊本市動物愛護センター

〒861-8045
熊本県熊本市東区小山2丁目11−1

096-380-2153

 


◇ 「施設の基準、飼養又は保管の方法について」

 特定動物が万が一施設外に逃げた時には、人の生命や財産を害するおそれがあります。よって、その飼養・保管に際しては、外部から見えやすい場所に標識を掲示し、許可を受けた施設内で飼養することなど、適正な飼養管理が求められます。

「守るべき基準の概要」

1.飼養施設の構造や規模に関する事項
  飼養施設については、「動物の愛護及び管理に関する法律」による許可の要件として、特定動物の種類や性質に応じて環境省令で定める特定動物の飼養施設の構造及び規模並びに特定動物の飼養又は保管の方法に関する基準(参考:PDF 特定動物の飼養又は保管に関する方法の細目 [PDFファイル/242KB])に適合するものであることが必要となります。
(遵守事項例)
 ・ 一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養・保管すること
 ・ 逸走を防止できる構造及び強度を確保すること

2.飼養施設の管理方法に関する事項
  飼養又は保管にあたっては、環境省令(参考:PDF 特定飼養施設の構造及び規模に関する基準の細目  [PDFファイル/73KB])に定める方法により、施設の点検を定期的に行うことや、当該特定動物がその許可を受けていることを明らかにすることなどが必要となります。
(遵守事項例)
 ・ 定期的な施設の点検を実施すること
 ・ 第三者の接触を防止する措置をとること
 ・ 特定動物を飼養している旨の標識を掲示すること

3.動物の管理方法に関する事項
  法律で定める場合を除き飼養施設外へ出してはいけないことや、飼養を開始した後30日以内に、マイクロチップ等の識別措置を講じた旨の届出を行うことが定められています。
(遵守事項例)
 ・ 施設外飼養の禁止
 ・ マイクロチップ等による個体識別措置をとること(鳥類は脚環でも可能)
 飼養・保管を始める場合だけでなく、飼養施設や飼養頭数を変更する際にも、必要な届出を行う必要があります。
 その他、管轄区域外に動物を移動させる場合や、保管を止める場合等にも手続きが必要です。詳しくは、保健所窓口へ御相談ください。


◇様式集

各種届出様式
1 特定動物管轄区域外飼養・保管通知書 PDF 様式第13 [PDFファイル/106KB]
2

特定動物飼養・保管許可申請書

PDF 様式第14 [PDFファイル/132KB]
3 特定動物飼養・保管許可証再交付申請書 PDF 様式第16 [PDFファイル/94KB]
4 特定動物飼養・保管廃止届出書 PDF 様式第17 [PDFファイル/97KB]
5 特定動物飼養・保管変更許可申請書  PDF 様式第18 [PDFファイル/99KB]
6 特定動物飼養・保管許可変更届出書 PDF 様式第19 [PDFファイル/97KB]
7 特定動物識別措置実施届出書 PDF 様式第20 [PDFファイル/119KB]
8 特定飼養施設外飼養・保管届出書 PDF 様式第1 [PDFファイル/101KB]
9 特定動物飼養・保管数増減届出書 PDF 様式第2 [PDFファイル/105KB]
10 特定動物飼養・保管許可証亡失届出書 PDF 参考様式第7 [PDFファイル/88KB]
 

その他の注意事項

◇「人への危害防止のための対策の必要性」

 ・ 地震や、火災、その他大規模な災害発生時に、動物を逃がさないための対策をあらかじめ講じておく必要があります。万が一逃げた時など、緊急時には必ず保健所若しくは熊本市動物愛護センター(熊本市内の場合)及び警察署に通報するとともに、飼い主自らが捕獲に努める必要があります。

 ・ 飼養する特定動物が人に危害を加えた場合は、適切な応急処置を行うとともに、再発防止のための対処を行う必要があります。また、そのような事態が生じた際には、24時間以内に保健所若しくは熊本市動物愛護センターに届け出てください。

◇「罰則等について」 

 不正の手段により許可を受けたときや、施設の構造及び規模並びに、保管の方法が基準に適合しなくなったなどの場合には、許可の取消し処分措置などがなされます。
 また、許可を受けずに飼養したり、施設を許可なく変更したりした場合には、「動物の愛護及び管理に関する法律」により6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金などに処されます。

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 健康危機管理課
電話:096-333-2239
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:725)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.