熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  環境  >  くまもとの水  >  地下水  >  【環境】地下水使用合理化指針・地下水涵養指針について(熊本県地下水保全条例)
ホーム  >  組織から探す  >  環境生活部  >  環境立県推進課  >  【環境】地下水使用合理化指針・地下水涵養指針について(熊本県地下水保全条例)

【環境】地下水使用合理化指針・地下水涵養指針について(熊本県地下水保全条例)

最終更新日:
 本県の貴重な資源である地下水を保全するため、平成24年3月に改正された、熊本県地下水保全条例
に基づき、「地下水使用合理化指針」及び「地下水涵養指針」を策定しました。

1 指針策定の趣旨

    地下水の水量を保全するためには、地下水の採取者だけでなく、地下水を利用する者全てが、地下

  水は「公共水」であるという認識に立ち、未然防止の観点から、連携・協働して、それぞれの事業内容や実情

  に応じた節水及び水利用の合理化(地下水使用合理化)や地下水の涵養量を増加させる地下水涵養に取

  り組むことが必要です。

    これらの取組を総合的かつ計画的に促進するために必要となる事項を「地下水使用合理化指針」及び

  「地下水涵養指針」として示しています。

 2 地下水使用合理化指針について

      (主な内容)

     ・地下水採取の用途別(工業用、建築物用、水道用等)に、地下水採取者が取り組むことが考えられる地

      下水使用合理化の具体的な方策を示しています。

     ・地下水の利用者が取り組むべき節水行動や節水型機器の導入などの具体的な方策を示しています。

      (地下水使用合理化の例) 

        節水型機器・設備の導入、冷却用水等の循環使用、雨水利用施設の使用促進等

      ・許可採取者は、地下水使用合理化指針を踏まえ地下水使用合理化計画書を作成し、その実施状況を毎年知

      事に報告する必要があります。

       PDF 地下水使用合理化指針 [PDFファイル/408KB] 

3 地下水涵養指針について

   (主な内容) 

    ・ 雨水浸透施設の設置等による敷地内涵養、水田湛水事業、水源涵養林の整備等による敷地外涵養、その

      他事業者の協働による取組(例:くまもと地下水財団への協力)による地下水涵養の方策を示しています。

    ・ 特に、重点地域(熊本地域)における地下水採取の許可対象者は、地下水涵養計画を作成し、地下水採取

      量の1割を目安に地下水涵養に取り組んでいただくこととし、取組に応じた涵養量の算定方法を示しています。

     ・  許可採取者は、地下水涵養指針を踏まえ、地下水涵養計画書を作成し、その実施状況を毎年知事に報告す

       る必要があります。

             PDF 地下水涵養指針 [PDFファイル/550KB] 

         PDF  別紙 重点地域(熊本地域)における地下水涵養の措置による推定涵養量の算定方法 [PDFファイル/855K 

4 地下水使用合理化計画書、地下水涵養計画書等の提出について  

   許可の対象となる方々は、地下水採取許可申請書※と併せて、「地下水使用合理化計画書」、「地下水涵養計

   画書」をご提出ください。

    ※地下水採取許可申請の手続きはこちらをクリック⇒/soshiki/48/tikasuisaisyu-tetsuzuki.html

       (1)地下水使用合理化計画書について

      地下水使用合理化指針(P3~P5)に記載の方策を参考に、地下水使用合理化計画書を作成してください。

      (※熊本市内の年間採取量が3万㎥を超える許可対象者の方で、熊本市に熊本市地下水保全条例第18

       条第1項の規定に基づき、申請を行う年度の「節水計画書」を提出されている場合は、県への提出は必

       要ありません。)

                          PDF 【様式19号】地下水使用合理化計画書 [PDFファイル/99KB]

           エクセル 【様式19号】使用合理化計画書 [EXCELファイル/45KB]

    (2)地下水使用合理化計画実施状況報告書について

       毎年4月末までに、地下水使用合理化計画実施状況報告書を提出してください。

          PDF 【様式20号】地下水使用合理化計画実施状況報告書 [PDFファイル/100KB]

                         エクセル 【様式20号】地下水使用合理化計画実施状況報告書 [EXCELファイル/45KB] 

     (3)地下水涵養計画書について

       地下水涵養指針(P4~P8)に記載の方策を参考に、地下水涵養計画書を作成してください。

       なお、重点地域内の許可採取者は、地下水採取量の1割に相当する量を目安とした涵養対策に取り組む計画

     書を作成する必要があります。           

           エクセル 【様式21号】地下水涵養計画書 新しいウィンドウで(エクセル:54.5キロバイト)

    (4)地下水涵養計画実施状況報告書について

      毎年4月末までに、地下水涵養計画実施状況報告書を提出してください。

          PDF 【様式22号】地下水涵養計画実施状況報告書 新しいウィンドウで(PDF:133.2キロバイト)

          エクセル 【様式22号】地下水涵養計画実施状況報告書 新しいウィンドウで(エクセル:54.5キロバイト)

    (5)提出先 

     ・重点地域、指定地域:揚水設備が所在する市町村の地下水担当課
     ・上記地域以外:管轄の保健所衛生環境課

      (6)お問い合わせ先

                  熊本県環境生活部環境局環境立県推進課 地下水企画班

         TEL:096−333−2272

         FAX:096−383−0314

このページに関する
お問い合わせは
環境立県推進課 地下水企画班
電話:096-333-2272
ファックス:096-383-0314
(ID:569)
別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.