熊本県

情報公開制度の御案内

最終更新日:
総務部 県政情報文書課 TEL:096-333-2061 FAX:096-384-6552 メール kenseibunsyo@pref.kumamoto.lg.jp

 県民の皆さんの県政に対する理解と信頼を深め、県政への参加を促進するとともに、開かれた県政の推進に資することを目的として情報公開条例を制定しています。

(目的)

< 県民の県政に対する理解と信頼の確保 >

< 県民の県政参加の促進 >

<開かれた県政の推進 > 

 

情報開示             情報管理            情報提供

<目次>
この制度を利用できる人は?
この制度の対象となっている県の機関は?
この制度の対象となる文書は?
請求の方法は?

開示・不開示の決定は?

開示できない情報は?

開示はいつ、どこで?

行政文書開示の費用は?
開示の決定に不服があるときは?
「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)からの開示請求(申出)について?
この制度を利用できる人は?
どなたでも利用できます。
この制度の対象となっている県の機関は?
 知事、議会、教育委員会、選挙管理委員会、人事委員会、監査委員、公安委員会、警察本部長、労働委員会、収用委員会、海区漁業調整委員会、内水面漁場管理委員会、病院事業の管理者、県が設立した地方独立行政法人(公立大学法人熊本県立大学)並びに熊本県住宅供給公社及び熊本県道路公社が対象となっています。 (「実施機関」といいます。)
この制度の対象となる文書は?
実施機関の職員(県が設立した地方独立行政法人等の役員を含む。)が職務上作成し、又は取得した文書、図画及び電磁的記録であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理しているものが対象となります。(「行政文書」といいます。)
請求の方法は?
1 来庁による請求
  下記窓口にて開示請求(申出)書に必要事項を記入のうえ提出してください。
 
  • 県が管理する行政文書についての請求
  •   [窓口] 情報プラザ(県庁行政棟新館1階)
      [Tel] 096−333−2068
    又は各出先機関の総務課等(当該出先機関が管理する行政文書についてのみ。)
     
  • 県議会が管理する行政文書についての請求
  •   [窓口] 議会事務局総務課(県庁議会棟1階)
      [Tel] 096−381−9411
     
  • 県公安委員会及び県警察本部長が管理する行政文書についての請求
  •   [窓口] 警察本部広報県民課情報公開窓口(県庁警察棟1階)
      [Tel] 096−381−0110
       
    2 郵送による請求
     

        請求書の様式をダウンロード(こちらのページから別ウィンドウで開きます)し、必要事項を記入のうえ下記宛先まで送付してください(ファクシミリによる送付も可能です。) 。
        ただし、公安委員会及び警察本部長に対するファクシミリによる請求はできません。

     
  • 県が管理する行政文書についての請求
  •   [宛先] 〒862−8570 県政情報文書課
      [FaX] 096−384−6552
     
  • 県議会が管理する行政文書についての請求
  •   [宛先] 〒862−8570 議会事務局総務課
      [FaX] 096−384−8896
  • 県公安委員会及び県警察本部長が管理する行政文書についての請求
      [宛先]〒862−8610 警察本部広報県民課(情報公開窓口)
  •  
    3 「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)からの請求
        このページの下に「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)へのリンクがありますので、留意事項をよくお読みのうえご利用ください。
     
    開示・不開示の決定は?
     原則として開示請求が到達した日から起算して15日以内に開示するかしないかを決定し、その後文書(決定通知書)でお知らせします。ただし、対象となる文書が大量である場合などは、決定日を延長させていただくことがありますが、その場合にはその旨をお知らせします。
    開示できない情報は?
     県が管理している文書は開示を原則としていますが、法令等により開示が禁止されている情報や個人に関する情報など7つの項目の情報は開示することができません。
    開示はいつ、どこで?
       決定通知書でお知らせした日時、場所で行います。原則として県庁にある文書は情報プラザで、出先機関にある文書はその出先機関で行います。
     ただし、議会の文書については議会事務局総務課で、公安委員会及び警察本部長の文書については警察本部広報県民課情報公開窓口で行います。
    行政文書開示の費用は?

      閲覧は無料ですが、写しの交付(コピー)を希望される場合には費用を負担していただいております。 

    注: 文書・図画の写しの作成における複写物及び電磁的記録における用紙は、日本工業規格A3判を最大とします。
     ただし、複写機以外の機器で行政文書の写しを作成する場合及び電磁的記録を上記記録媒体以外の記録媒体に複製したものにおける写しの作成に要する費用の額は、当該写しの作成に要する実額とします。
    不開示の決定に不服があるときは?
     不開示や部分開示の決定に不服があるときは審査請求ができます。
    実施機関は、熊本県情報公開審査会の意見を尊重したうえで、開示するかどうかを再決定します。
    「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)からの開示請求(申出)について
      行政文書の開示請求(申出)は、これまではこのホームページから行うこととなっていましたが、この度「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)からの請求(申出)に変更することになりました。(ただし、公安委員会及び警察本部長に対してはできません)。下記の留意事項及び「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)の説明を十分お読みのうえ請求してください。なお、このページの下に「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)へのリンクがあります。
     
    -留意事項-
    請 求
    • 開示請求(申出)書に必要事項を記入する際は、特に「行政文書の名称その他行政文書を特定するに足りる事項」の欄は、お知りになりたい情報について、できる限り具体的に記入してください。
    • 請求書に不備があると補正をお願いすることがありますので、記入漏れのないよう注意してください 。
    開 示
    • 開示・不開示等の決定通知書は、郵送により送付します。
    • 開示は情報プラザの受付窓口にお越しいただくか、郵送により写しを送付させていただきます。郵送を希望される場合は事前に現金書留にて郵送料金等を負担していただいております。
    写し
    • 行政文書の写し(コピー)は別途費用を負担いただいております。
    開示請求と開示(申出)
     請求先や行政文書が作成・取得された時期などによって、下記のとおり開示請求の対象となるものと任意的開示申出の対象となるものとに区分されます。
     該当するものを選び、確認のうえ、「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)より開示請求(申出)してください。  
    ア 請求先が議会以外の実施機関の場合
    作成・取得時期
    対象となる文書の区分
    決裁・供覧の手続が終了し、実施機関が管理しているもの(電磁的記録を除く。)
    [旧条例における公文書]
    職員が組織的に用いるものとして、実施機関が管理しているもの(電磁的記録を含む。)
    [行政文書で公文書を除いた部分]
    昭和61年3月31日以前
    行政文書任意的開示申出
    昭和61年4月1日以後
    平成13年3月31日以前
    行政文書開示請求
    行政文書任意的開示申出
    平成13年4月1日以後
    行政文書開示請求

    イ 請求先が議会の場合
    作成・取得時期
     
    平成13年4月1日以後
    行政文書開示請求

     
      表2

    「くまもと電子申請窓口」(よろず申請本舗)へのリンク別ウィンドウで開きます(外部リンク)

                                                              ホームへ

    このページに関する
    お問い合わせは
    総務部 県政情報文書課
    電話:096-333-2061
    ファックス:096-384-6552
    メール kenseibunsyo@pref.kumamoto.lg.jp
    (ID:4914)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

    熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
    Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.