熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業  >  牛深漁港漁港浄化施設の指定管理候補者の選定結果について
ホーム  >  組織から探す  >  農林水産部  >  漁港漁場整備課  >  牛深漁港漁港浄化施設の指定管理候補者の選定結果について
ホーム  >  施設から探す  >  熊本県庁  >  牛深漁港漁港浄化施設の指定管理候補者の選定結果について

牛深漁港漁港浄化施設の指定管理候補者の選定結果について

最終更新日:

   熊本県では、「熊本県漁港管理条例」第20条第1項の規定に基づき、「牛深漁港漁港浄化施設」の指定管理者の公募を行った結果、1団体から提案書類の申請があり、農林水産部指定管理候補者選考委員会での審査を経て、指定管理候補者を選定しましたので、その選定結果を公表します。

   なお、指定管理候補者の指定については、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を経た後に、指定を行うこととなります。

  1 施設名

   牛深漁港漁港浄化施設(所在地:天草市牛深町)

  2 指定管理候補者

   名 称:九州テクニカルメンテナンス株式会社

   代表者:代表取締役社長 杉本 陽児

   所在地:熊本市中央区水前寺公園28番43号

  3 指定期間

   平成31年4月1日~平成36年3月31日(予定)

  4 選定理由

   提案のあった事業計画については、選考委員会において、財政状況が健全であり、類似施設の運営実績など安定的な運営が可能となる人的・経

  理的基盤があることが高く評価されたほか、光熱水費削減だけでなく汚泥減量化による経費縮減の提案など、効果的な維持管理計画を含め全般的

  に高い評価が得られた。

   また、事業計画の内容は、施設の設置目的及び県が示した管理の方針と合致するものと認められる。

  5 指定管理候補者の事業計画の概要

   「これまでの施設管理の実績の活用」により、牛深海域の環境保全と誘致企業への貢献を目指すこととしている。

   事業展開として、(1)施設の効率的管理のための方策(光熱費削減・運転効率上昇・薬品等縮減による効率化の提案等)、(2)経費節減のため

   の取組(汚泥軽減による経費節減等)、(3)安定した管理運営のための方策(資格を有する従事者確保、緊急時連絡体制の整備、組織的支援体

   制の確保、苦情対応窓口設置等)を計画している。

  6 農林水産部指定管理候補者選考委員会の審査結果

  (1)開催日:平成30年9月21日

  (2)委 員:委員長 井田 貴志(熊本県立大学総合管理学部 教授)

             石橋 康弘(熊本県立大学環境共生学部 教授)

             西島 眞理子(一級建築士)

             濱 大吾(熊本県天草地区漁業士会 会長)

             平野 郁子(税理士)

  (3)指定管理候補者に関する意見

   牛深漁港漁港浄化施設の指定管理候補者として、九州テクニカルメンテナンス株式会社が適当である。

      九州テクニカルメンテナンス株式会社の事業計画の内容について、次の3点を評価した。

  (ⅰ) 光熱水費の削減だけでなく、技術的な裏付けをもった汚泥減量化による経費縮減の提案など、効果的な維持管理計画が評価できる。

  (ⅱ)財政状況が健全で、安定的な運営が可能となる経理的基盤があることが高く評価できる。

  (ⅲ)職員の研修体制等、資質向上のための取組も整っており、安定的な運営が可能となる人的基盤があることが高く評価できる。また、牛深

   の水産業への貢献が期待できる。


 


このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 漁港漁場整備課
電話:096-333-2463
ファックス:096-381-8512
メール gyokogyojo@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:25485)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.