熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  動物、植物、自然公園  >  動物愛護  >  9月は「熊本県動物愛護月間」です
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉部  >  健康危機管理課  >  9月は「熊本県動物愛護月間」です
ホーム  >  県政ホットニュース一覧  >  9月は「熊本県動物愛護月間」です

9月は「熊本県動物愛護月間」です

最終更新日:

9月は「熊本県動物愛護月間」です

 県では、毎年9月を「熊本県動物愛護月間」と定めています。

 今一度、動物に対する向き合い方を見つめ直してみましょう。

 

ペットを飼う前に

 飼い主になるということは、動物の命に最期まで責任を持つことを意味します。

 ペットが健康で快適に暮らせるようにするとともに、地域や周囲の人達に迷惑をかけないようにすることも飼い主の義務です。

 ペットを飼う前には、世話やしつけを毎日欠かさずにできるか、経済的負担や家庭状況などを踏まえて、最期まで責任を持って飼育ができるかなどの点をしっかり考えておきましょう。

 

野良猫との向き合い方

 野良猫に間違った世話をすると、近隣とのトラブルにつながり猫にとっても不幸な結果を招きかねません。

 無責任なエサやりはせず、エサをあげる場合は飼い猫として自宅の敷地内で行い、食べ残しやフン・尿はきちんと後始末して近隣に迷惑をかけないようにしましょう。

 また、避妊去勢手術を受けさせ繁殖を防ぎ、最寄りの獣医師と相談しながら健康面の管理を行うことも大切です。

 

大事なペットを迷子にさせないために

 道に迷った犬や猫は自力では家に帰れません。雷や花火の音に驚いて逃げ出してしまうおそれもあります。

 大事なペットを迷子にさせないよう、犬はリードで繋ぎ、猫は室内で飼いましょう。また、鑑札や迷子札をつけたり、首輪の裏に飼い主の名前や連絡先を記入したりしておきましょう。

 もしペットが迷子になった場合は、保健所や市町村、警察署に問い合わせてください。

 

災害時の備え

 災害が起こった時、家族であるペットを守ることができるのは飼い主だけです。ペットを守るため、日頃から災害時の備えをしておきましょう。

 避難する場合は、ペットと一緒に避難所へ避難することが基本ですが、避難所には動物が好きな人ばかりがいるとは限りません。日頃からしつけをしておくことは、周りの人に迷惑をかけずに済むだけでなく、飼い主やペット自身のストレス軽減にも繋がります。

 また、予防接種やノミ、ダニの駆除など日頃の健康管理をこまめに行い、少なくとも5日分のエサや水の準備をしておくことも大切です。

 

動物愛護月間関連行事の開催

 県内の保健所では、9月から11月にかけて、動物愛護月間に関連した様々な行事を開催します。

 譲渡会やしつけ相談会、ふれあい方教室や図画作品展など、動物に関する催しが盛りだくさんです。
 ぜひ、最寄りの保健所で開催されるイベントに足を運んでみてください。

 

 ※日程や内容が未定の行事もあります。詳しくは、各保健所までお問い合わせください。

 

 有明保健所(玉名市、荒尾市、玉名郡) 0968-72-2184
 山鹿保健所(山鹿市) 0968-44-4121
 菊池保健所(菊池市、合志市、菊池郡) 0968-25-4135

 阿蘇保健所(阿蘇市、阿蘇郡)

 0967-24-9035
 御船保健所(上益城郡) 096-282-0016
 宇城保健所(宇城市、宇土市、下益城郡) 0964-32-0598
 八代保健所(八代市、八代郡) 0965-33-3198
 水俣保健所(水俣市、葦北郡) 0966-63-4104
 人吉保健所(人吉市、球磨郡) 0966-22-3108
 天草保健所(天草市、上天草市、天草郡) 0969-23-0172

 

 

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 健康危機管理課 動物愛護班
電話:096-333-2248
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:24425)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.