熊本県

土砂災害などに注意してください

最終更新日:
知事公室 危機管理防災課  TEL:096-333-2112 FAX:096-383-1503 メール kikibosai@pref.kumamoto.lg.jp

土砂災害などに注意してください!

  土砂災害は、命に関わる重大な被害をもたらします。梅雨や台風などで短時間にたくさんの雨が降るときだけではなく、 特に、がけ下や山すそに住んでいる方は雨が降っていない時でも、前兆現象に注意しましょう。

 次のような現象を見たり、聞いた際は、避難勧告や避難指示の有無にかかわらず、直ちに地域の方と安全な場所に避難を行ってください。
 特にお年寄りや体の不自由な方へのご配慮を、お願いします。

 

 【土砂災害の種類と前兆現象】

土石流:長雨や集中豪雨によって、石や土砂が水と一緒になって一気に下流へ流れる現象。前兆現象として●山鳴りがする。●急に川の流れが濁り、流木が混ざっている。●土臭いにおいがする。●雨が降り続いているのに川の水位が下がる。などがある。 がけ崩れ:長雨や集中豪雨によって、斜面が急に崩れ落ちる現象。前兆現象として●がけから水が湧き出してくる。●がけに亀裂が入る。●がけから小石がバラバラ落ちてくる。●がけから木の根が切れる等の異様な音がする。●家や擁壁、樹木や電柱が傾く。などがある。 地すべり:地下水などが粘土のような滑りやすい地面にしみ込んで、その影響で地面が動き出す現象。前兆現象として●沢屋井戸の水が濁る。●地面にひび割れができる。●斜面から水が湧き出す。●家や擁壁に亀裂が入る。●家や擁壁、樹木や電柱が傾く。などがある

   ※ここに紹介した現象が、土砂災害発生の前兆現象の全てではなく、また、これらの現象が見られなくても土砂災害が発生する場合があります。

 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)にお住まいの方は、イエローゾーン外への住宅移転支援(土砂災害危険住宅移転促進事業)をご検討ください。

  http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_11088.html

 

 【気象情報等をご活用ください】

  ◎熊本県統合型防災情報システム

   県内の気象情報、雨量情報、河川水位情報、土砂災害危険度情報などを広く確認できます。

   http://www.bousai.pref.kumamoto.jp/

   ◎気象庁ホームページ

      大雨による土砂災害発生の危険度の高まりを地図上で色分けして示した『土砂災害警戒判定メッシュ情報』や洪水警報等が発表されたときに、どこで危険度が高まるかを面的に示した『洪水警報の危険度分布』を確認することができます。

  https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/inund.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

   ◎熊本県ホームページ 

  県内の土砂災害の危険箇所を確認することができます。

      http://sabo.kiken.pref.kumamoto.jp/website/sabo/index.html

 ◎防災情報メールサービス

  メールサービスに登録すると、県内の最新の気象情報、避難情報等が送信されます。

  http://www.anshin.pref.kumamoto.jp/

このページに関する
お問い合わせは
知事公室 危機管理防災課  災害対策班
電話:096-333-2115
ファックス:096-383-1503
メール kikibosai@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:23988)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.