熊本県

写真で見る連続立体交差事業(熊本駅付近)

最終更新日:
 

写真で見る連続立体交差事業(熊本駅付近)

これまで熊本県が取り組んできた連続立体交差事業の一部を写真でご紹介します。

 

航空写真で見る熊本駅付近の移り変わり

2007.11頃の上空
平成19年(2007年)11月頃
中央に見える熊本駅舎の西側(写真の上部)に新幹線橋脚の建設が始まったところです。
 
2008.04上空
平成20年(2008年)4月頃
新幹線ホーム建設中の様子です。
西側の土地区画整理も始まっています。
 
2008.09頃
平成20年(2008年)9月頃
新幹線ホーム建設中です。
 
2009.05頃
平成21年(2009年)5月頃
新幹線の高架橋の形が見えてきました。
熊本駅舎写真手前では熊本駅前東A地区再開発事業も始まっています。
 
2009.09頃
平成21年(2009年)9月頃
新幹線ホームの屋根が完成しています。
熊本駅舎手前では白川口(東口)駅前広場の整備が始まっています。
 
2010.03頃
平成22年(2010年)3月頃
新幹線ホームの手前側に在来線(上り線)の橋脚工事が始まっています。
白川口(東口)駅前広場には大屋根が設置されました。
写真右手前では新都心プラザ建設に着工しています。
新幹線ホームの奥(写真上側)では土地区画整理事業が進んでいます。
 
2010.10頃
平成22年(2010年)10月頃
白川口(東口)駅前広場から新都心プラザのほうにペデストリアンデッキが設置されています。
写真右手前では春日橋の架け替え工事も始まっています。
 
2011.02頃
平成23年(2011年)2月頃
新幹線ホーム
 
2011.04頃
平成23年(2011年)4月頃
新幹線開業後
 
2012.07頃
平成24年(2012年)7月頃
在来線(上り線)の高架工事が進んでいます。
写真手前の春日橋の切り替えも完了しています。
熊本駅前東A地区市街地再開発事業が平成24年3月に完了し、新都心プラザを含む複合ビル(写真右手前)がオープンしています。
 
2013.07頃
平成25年(2013年)7月頃
在来線(上り線)の高架工事が進められています。
 
2014.7頃
平成26年(2014年)7月頃
在来線(上り線)のホーム屋根が見え始めました。
新幹線ホームの西側土地区画整理事業地内では家屋が立ち並んでいます。
 
2015.04頃
平成27年(2015年)4月頃
平成27年3月14日に第一期高架切替として、在来線(上り線)の高架化が完了しました。
 
2016.09頃
平成28年(2016年)9月頃
駅舎と在来線(上り線)の間で在来線(下り線)の高架工事が進められています。
 
2018.02頃
平成30年(2018年)2月頃
在来線(下り線)のホームもほぼ完成し、平成30年3月17日の開業に向けて最終工事が行われています。
 
2018.03現在
平成30年(2018年)3月現在
平成30年3月17日(土曜日)に在来線(下り線)の高架切替を行い、事業区間全線の高架化が完了しました。
 


















 

このページに関する
お問い合わせは
土木部 都市計画課
電話:096-333-2520
ファックス:096-387-1152
メール toshikeikaku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:23168)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.