熊本県

代理申請

最終更新日:

旅券(パスポート)の申請は申請者以外の方が代理で申請書を提出することが可能です。

この場合、申請書に「申請者ご自身」及び「代理で提出される方」それぞれが、自筆で記入をしなければならない項目がありますので、あらかじめ申請書を入手して記入をお願いします。

申請書は、市町村の窓口及び県庁国際課旅券窓口にあります。

なお、受領の際には、代理受領はできませんので、必ず申請者が旅券窓口でお受け取りください。

 

1 代理申請ができるもの

 

代理申請ができないもの(必ず申請者本人が窓口にお越しください)

・有効期間が残っている旅券(パスポート)を紛失・盗難・焼失し、その届出を行うとき(同時に新規発給申請を行うときも含む)

・緊急発給(外国における災害や事故等により、被害者等の親族や関係者が緊急に渡航する場合など)

・居所申請(熊本県外に住民登録がある方)

・一時帰国中の申請(外国で住民登録をされている方)

・対立地域に渡航する等により、旅券の二重発給を受けようとする場合

・前回旅券(パスポート)を申請したとき、作成された旅券(パスポート)を受け取りに来られなかった場合

・申請書の「刑罰等関係」欄に該当する事項があるとき

 

2 「申請書類等提出委任申出書」に記入してください。

新規、訂正、査証欄増補の申請書には「申請書類等提出委任申出書」の欄があります。
代理申請をするときは、この部分に必要事項を記入する必要があります。

 【申請者記入欄】 は、すべて申請者本人が記入してください(代理人の指名)。

 【引受人記入欄】 は、すべて、申請書の提出を引き受けた方(代理人)が記入してください。

 

記入例  配偶者が代理申請をする場合

 青字・・・申請者(申請者/熊本 太郎)が記入してください。
 赤字・・・代理人(配偶者/熊本 惠)が記入してください。


配偶者が代理申請する場合

(1)引受人氏名・・・申請者が、代理人(引受人)の氏名を記入します。
(2)申請者署名・・・申請者が、自身の氏名を戸籍の記載どおりに署名します。
(3)申請者との関係・・・申請者から見た代理人(引受人)との関係を、申請者が記入します。
(4)引受人住所・・・申請者が、代理人(引受人)の住所を番地まで記入します。
(5)引受人署名・・・代理人(引受人)が、自身の氏名を戸籍の記載どおりに署名します。
(6)連絡先電話番号・・・代理人(引受人)が、自身の連絡先電話番号を記入します。
(7)生年月日・・・代理人(引受人)が、自身の生年月日を記入します。元号は該当を丸で囲みます。

 

記入例  祖父が孫の代理申請をする場合

青字・・・孫(熊本 惠太)が記入してください。
赤字・・・祖父(加藤 虎男)が記入してください。

 

 祖父が孫の代理申請をする場合

 ※未成年の申請者が、法定代理人(親権者又は後見人)を通じて申請書を提出する場合、「申請書類等提出委任申出書」は記入不要です。

 

3 代理人の方は本人確認書類をご用意ください。

申請に必要な書類一式(申請者の本人確認書類もお預かりください)のほか、代理人についても、運転免許証や健康保険証等、本人確認のための書類が1点必要です。

このページに関する
お問い合わせは
国際課 旅券窓口(新館1階)
〒862-8570
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
電話:096-333-2160
ファックス:096-382-4399
メール ryoken@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:2279)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.