熊本県

水産用医薬品の使用に関する取扱要領の制定について

最終更新日:

水産用医薬品の使用に関する取扱い要領の制定について

 本県では、薬剤耐性菌対策とさらなる安全安心な養殖魚づくりを推進するため、当該要領を制定し、水産用医薬品使用の記録の徹底と水産用抗菌剤購入時に公的機関が関与する仕組みを導入します。(平成30年1月1日施行)

 本要領の対象となる養殖業者等は、食用に供するための水産動物を養殖している者であり、放流用水産動物の生産者も含みます。

 要領及び様式のダウンロードは「4.要領及び様式」をご確認ください。

 

1.経緯

  抗菌剤が効かない薬剤耐性菌への対策は、国際的な課題となっており、平成27年5月のWHO総会で薬剤耐性に対する国際行動計画が採択されたことなどを受け、我が国においても平成28年4月に「薬剤耐性対策アクションプラン」が「国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議」において決定されました。水産分野においても、農林水産省から、抗菌剤の有効性の確保と、水産物を介した薬剤耐性菌の人への伝播防止の観点から、薬剤耐性対策は重要であるため、同アクションプランの1つである、水産用抗菌剤購入時に公的機関等が関与する新たな仕組みを導入するよう、都道府県に要請がありました。 (「水産用医薬品の使用に関する記録及び水産用抗菌剤の取扱いについて」平成29年4月3日付28消安第5781号消費・安全局長通知)

 このため、本県でも、さらなる安全安心な養殖魚づくりを推進するため、水産用医薬品の使用に関する取扱要領を制定しました。(平成30年1月1日施行)

 

2.水産用医薬品の使用に関する取扱要領のポイント

 (1)水産用医薬品を使用した場合は、水産用医薬品の使用記録票(別記様式第1号)に記載し、2年間保管してください。

    別記様式第1号(水産用医薬品の使用記録票)(エクセル:14.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 (2)水産用医薬品のうち、「水産用抗菌剤」を使用する可能性がある場合は、水産用抗菌剤使用指導書交付申請書(別記様式第2号)を水産用医薬品 

  の使用記録票(別記様式第1号)を添付して専門家機関に提出してください。

  ※1年間有効の水産用抗菌剤使用指導書(別記様式第3号)を発行します。

  ※提出する専門家機関は養殖施設等の所在地ごとに異なります。「3.専門家機関一覧」を確認ください。

 (3)水産用医薬品のうち、「水産用抗菌剤」を購入する場合は、専門家機関から交付された水産用抗菌剤使用指導書(別記様式第3号)の写しを医薬

  品販売会社に提出し、購入してください。

 (4) 予期せぬ疾病発生時等、緊急を要し、使用指導書の交付を待つことができない場合は、水産用抗菌剤使用指導書に関する理由書(別記様式第4 

  号)を動物用医薬品販売業者に提出し、水産用抗菌剤を購入してください。

   別記様式第4号(水産用抗菌剤使用指導書に関する理由書)(ワード:19.4キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

 詳細の内容については、「4.要領及び様式」の「水産用医薬品の使用に関する取扱要領」をご確認ください。

 

3.専門家機関一覧

    養殖施設等の所在地により、提出する専門家機関が異なります。原則下表の専門家機関への提出をお願いします。

   この他、医薬品販売会社に所属する獣医師が水産用抗菌剤使用指導書を発行することもあります。

   ※動物病院等の獣医師は、水産用抗菌剤使用指導書を発行していませんので、ご注意ください。

養殖施設等の所在地

専門家機関・問い合わせ先

荒尾市・玉名市・山鹿市・菊池市・阿蘇市・合志市・玉名郡・菊池郡・阿蘇郡・熊本市・宇土市・上益城郡・下益城郡

専門家機関長:県北広域本部長

提出先・担当:県北広域本部農林水産部水産課 

〒865-0016 玉名市岩崎1004-1

0968-74-2154(直通)

宇城市・八代市・人吉市・水俣市・八代郡・葦北郡・球磨郡

専門家機関長:県南広域本部長

提出先・担当:県南広域本部農林水産部水産課

〒866-8555 八代市西片町1660

0965-33-3625(直通)

上天草市・天草市・苓北町

専門家機関長:天草広域本部長

提出先・担当:天草広域本部農林水産部水産課

〒863-0013 天草市今釜新町3530

0969-22-4364(直通)

 

4.要領及び様式

 

要領・様式

 電子データ

   主な使用対象者 
水産用医薬品の使用に関する取扱要領

 水産用医薬品の使用に関する取扱要領(PDF:129.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

  •  【フロー図】水産用医薬品の使用に関する取扱い要領(PDF:312.9キロバイト) 別ウインドウで開きます
 水産用医薬品の使用に携わる者
水産用医薬品の使用記録票(別記様式第1号)  別記様式第1号(水産用医薬品の使用記録票)(エクセル:14.5キロバイト) 別ウインドウで開きます 食用水産動物を生産する養殖業者等
 水産用抗菌剤使用指導書交付申請書(別記様式第2号)  別記様式第2号(水産用抗菌剤使用指導書交付申請書)(ワード:19キロバイト) 別ウインドウで開きます 食用水産動物を生産する養殖業者等
水産用抗菌剤使用指導書(別記様式第3号) 別記様式第3号(水産用抗菌剤使用指導書)(ワード:19.4キロバイト) 別ウインドウで開きます 獣医師・専門家機関等
 水産用抗菌剤使用指導書に関する理由書(別記様式第4号)  別記様式第4号(水産用抗菌剤使用指導書に関する理由書)(ワード:19.4キロバイト) 別ウインドウで開きます 食用水産動物を生産する養殖業者等
 水産用抗菌剤使用指導書に関する報告書(別記様式第5号) 別記様式第5号(水産用抗菌剤使用指導書に関する報告書)(ワード:18キロバイト) 別ウインドウで開きます 水産用医薬品販売会社等

 


 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 水産振興課
電話:096-333-2457
ファックス:096-382-8511
メール suisanshinkou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:21602)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.