熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  食・消費生活、住まい  >  消費生活センター  >  消費者トラブル注意報  >  【緊急!】消費者トラブル注意報 第64号~無料と思っていたのに高額請求?! 慌てて電話しない!支払わない!!~
ホーム  >  組織から探す  >  環境生活部  >  消費生活課(消費生活センター)  >  【緊急!】消費者トラブル注意報 第64号~無料と思っていたのに高額請求?! 慌てて電話しない!支払わない!!~

【緊急!】消費者トラブル注意報 第64号~無料と思っていたのに高額請求?! 慌てて電話しない!支払わない!!~

環境生活部 消費生活課(消費生活センター) TEL:096-333-2309 FAX:096-383-0998 メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp

【緊急!】消費者トラブル注意報 第64号 ~無料と思っていたのに高額請求?! 慌てて電話しない!支払わない!!~

 

 スマートフォン、パソコンなどで無料と思って動画サイトを見ていたところ、突然登録画面になり、高い金額を請求される事例が後を絶ちません。

 【誤操作の場合はすぐ電話をしてください】【退会の連絡はこちら】などと記載されているため、電話をすると、「キャンセルはできない」「あなたに責任があるので支払う必要がある」と言われ、お金を支払うよう求められます。

 さらに「すぐ支払わないと明日以降はさらに値段が上がる」「払わないと裁判所から書状が届く」などと言われることもあります。

 さらに、トラブルに気づき、インターネットで『アダルトサイト 相談』などのキーワードで検索し見つけた事業者と不必要な契約をしてしまう二次被害の事例も少なくありません。

 

消費者へのアドバイス

◎慌てて電話をかけない

契約内容の確認等を行う画面の表示がなければ、契約が成立していない可能性があります。「すぐに電話しないと!」と焦らせるような表示がされますが、決して電話をかけず、まずは、消費生活センターなどの公的機関に相談してください。画面が張り付いて消えない時は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のサイトを参照するか、スマートフォンなどを購入した店に相談しましょう。

 

 

◎すぐに支払わない

「明日までに支払わないと料金が倍になる」「職場に連絡する」「法的措置をとる」など言い、早急に支払うよう求められますが、すぐに支払わないでください。支払ったお金を取り戻すことは非常に困難ですので、支払う前にまず消費生活センターなどにご相談ください。

 

 

◎相談先はよく確認して

ネットで検索した場合、検索結果の一番上に被害回復をうたう事業者の広告が表示されていることがあります。

消費生活センターなどの公的機関は、自治体のHP(熊本県やお住まいの市町村)、また、国民生活センターのHPを活用し、確認するようにしてください。
    

  •  

    相談事例

    相談事例1                                      

     パソコンで動画サイトを検索していたら、操作を誤ったのか「有料アダルトサイトに登録完了となりました」という表示になってしまった。誤操作の場合の連絡先として電話番号が表示されていたため、電話したところ「規則にないためキャンセルできない。請求書面を送付する」と言われた。

     

    相談事例2                                      

     パソコンで動画の再生ボタンを2回クリックしたところ、登録完了という表示になった。退会のために記載されていた番号へ電話すると、「本当ならば30万円であるが、今なら15万円でいい。支払わなかったら、10年以下の懲役か1千万円の罰金となる。」と言われた。金額について、画面に書かれていたとも言われたが、見た覚えがない。確認する画面もなかったがどうしたらいいか。

     

    相談事例3                                      

     スマートフォンで動画を検索、操作をしていたら、何かのボタンを押してしまい、登録完了になってしまった。登録料金は1年間で40万円。ただし、キャンペーン中なので20万円、24時間以内にサイトまで連絡をするよう表示されていた。時間がカウントダウンされるので、表示されていた番号に電話をし、間違って押したことを伝えたが、「既に登録になっているので20万円振り込むように。振込後、退会手続きを取れば20万円は返金される」と言われた。

     

    相談事例4                                      

     子どもがパソコンで動画を見ようとクリックしたところ、動画は表示されず、会費30万円、申込金5万円という金額が表示された。その画面には、キャンセルしたい人は、この時間に電話するように記載されていたため、指定された時間に保護者である私から電話をし、キャンセルを申し出たが、「まずは一旦料金を払ってもらい、後日、キャンセルという形で清算する」と言われた。本当に返金されるのだろうか。

     

    相談事例5                                      

     スマートフォンで動画サイトを検索したところ、登録しましたという表示とID番号が表示された。30分以内であれば、解約できると書いてあったので、記載されていた番号に電話したところ、「既に登録になっている。15万円支払うように。今すぐ払わなければ30万円になる」と言われ、指示通りコンビニに行った。指示に従う前に、インターネットで見つけた解決機関に電話したところ、「ワンクリック詐欺なので支払わないように」と言われ、これ以上被害のないよう調査・交渉するためには、高額な契約が必要と言われた。


  • おかしいなと思った時は、県消費生活センター、市町村の相談窓口に相談をしてください。
    熊本県消費生活センター  相談電話  096-383-0999
    (相談受付時間 平日の午前9時から午後5時まで)

 ※熊本地震関連の消費生活相談は、第2・第4日曜日の午前10時から午後3時にも受付けています。(電話のみ)

また、弁護士や司法書士による無料法律相談も実施しています。

(印刷用PDF)

このページに関する
お問い合わせは
環境生活部 消費生活課(消費生活センター) 消費者支援班
電話:096-333-2308
ファックス:096-383-0998
メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp 
(ID:18724)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.