熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉  >  餅つきでの食中毒に注意してください!
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉  >  衛生  >  食品衛生  >  注意喚起  >  餅つきでの食中毒に注意してください!
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉部  >  健康危機管理課  >  餅つきでの食中毒に注意してください!

餅つきでの食中毒に注意してください!

最終更新日:
健康福祉部 健康危機管理課 TEL:096-333-2239 FAX:096-387-0167 メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
 

餅つきでのノロウイルス食中毒に注意しましょう!!

 昨年12月に県内で行われた餅つきで、ノロウイルスによる食中毒が発生し、参加者及び持ち帰りの餅を食べた方94人のうち、52人が嘔吐、下痢などの症状を呈しました。
 患者の共通食は餅つきでの餅のみであり、患者の便からノロウイルスが検出されたことから、餅つきでの餅が原因での食中毒と断定されました。
 施設や家庭等で餅つきを行う際には、以下の点に注意しましょう。
 
【餅つきでの注意点】
 ・体調の悪い人は、餅に直接触れる作業を行わないようにしましょう。
 ・餅つきや、餅ちぎり、味付け等の作業前には手洗い消毒を行い、使い捨ての手袋を使用しましょう。
 ・手袋は汚染の都度新しいものとこまめに取り換え、手袋の再使用はやめましょう。
 ・杵や臼などの餅つきに用いる器具は、事前に洗浄消毒(できれば熱湯消毒)を十分行いましょう。
 ・返し水はこまめに取り換え、容器も洗浄消毒したものと交換しましょう。
 
【ノロウイルスとは】
 〈特徴〉
  ・感染力が非常に強いウイルスで、ごく少量でも感染することがあります。
  ・ふん便や嘔吐物に、ウイルスが大量に排出されます。
  ・症状がおさまっても、2~4週間はウイルスが便から排出されますので、治ってもしばらくの間は他の方に感染させる可能性があります。
 〈感染経路〉
  (食品の場合)
   ・手洗い消毒が不十分で、調理時に汚染された食品
   ・ウイルスの蓄積した加熱不十分な二枚貝など
  (人からの感染)
   ・感染した人の吐物やふん便など
 〈ノロウイルス食中毒予防策〉
  ・調理の前やトイレの後などには、手洗い消毒をきちんと行う
  ・食品の中心部まで十分加熱する。
  ・調理器具等は、熱湯、塩素系消毒薬等で消毒する。
 
  ノロウイルスの詳しい情報は、厚生労働省のホームページをご参照ください。
このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 健康危機管理課 食品衛生班
電話:096-333-2247
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:17876)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.