熊本県

くまもと四季のさかな

最終更新日:
 
四季のさかなロゴ(3)
 熊本県では、地元でとれる新鮮で美味しい「さかな」たちを県民の皆さんに実感していただくため、熊本の四季を代表する17種類の地魚を「くまもと四季のさかな」として選定しています。
 ぜひ、くまもとの旬のさかなをご賞味ください!
 
 PDF くまもと四季のさかなリーフレット(表) 新しいウィンドウで(PDF:17.45メガバイト)
 PDF くまもと四季のさかなリーフレット(裏) 新しいウィンドウで(PDF:773.6キロバイト)

 

春のさかな

 

まだい - Madai -  / 桜色に染まる魚の王様

 

まだい - Madai -
古来より「百魚の王」として尊ばれ、お祝いの席に欠かせないさかな。体は全体的に赤く、鮮やかな青い斑点がある。特に春は体が桜色になり、身に脂がのって美味しくなることから「桜鯛」と呼ばれる。県内では沿岸各所でとれる。
全長30~100cm。
 
「くまもとの赤」ブランド

 
 

あさり - Asari -  / 殻の中身は旨みでいっぱい

あさり - Asari -
干潟に生息する二枚貝。「漁(あさ)る」ことが語源。有明海は全国有数の産地で、八代や天草では「ツクシギャア」と呼ばれることもある。殻の模様は矢絣(やがすり)や山形模様、放射線、波型など様々。殻のまま汁の身にすると美味で、むき身にして佃煮やぬたにも料理される。
全長約4cm。
  

きびなご - Kibinago -  / 身は小さくとも味は大物

きびなご - Kibinago -

イワシの仲間で、丸みを帯びた体で銀白色の筋がある。寿命は1~2年で、産卵は初夏。卵は岸近くの海藻に産み付けられる。キビナゴ刺し網漁や、棒受網漁でとられる。刺身や天ぷら、フライなどにして食べられるほか、干物や煮干にも加工される。

全長約10cm。 

 

こういか - Kouika -  / さざなみ模様の体はふっくら

こういか - Kouika -
甲の部分にさざ波模様があり、「いかのふね」と呼ばれる石灰質の貝殻を持つ。海藻や海底に沈む木の枝に産卵する習性を利用したイカ籠(かご)漁法でとられる。肉が厚く柔らかいことから刺身のほか、天ぷらや煮物などにしても美味しい。
外套長約17cm。
 

 

 

夏のさかな

 

あじ - Aji -  / どんな料理でも味よきかな

あじ - Aji -
大きな澄んだ目と体の側面中央に入る筋が特徴。沿岸に住み付く「キアジ」と沖合を回遊する「クロアジ」がある。「味が良い」ことからついたという名のとおり、旨みが多いさかな。刺身のほか、たたきや煮付けなど料理法も様々。いずれも格別に美味しい。
全長20~30cm。
 

いさき - Isaki -  / 磯の香高き白身の逸品

いさき - Isaki -
「イッサキ」「シマウオ」などと呼ばれるさかな。骨が硬く鋭いことから「鍛冶屋(かじや)殺し」とも呼ばれる。小さくざらざらした黄金色のうろこを持ち、身は磯独特の香りが強く、あっさりとした味わい。刺身のほか揚物や煮物などに料理される。
全長50~60cm。
  

くるまえび - Kurumaebi -  / 踊りはねる熊本の代表選手

くるまえび - Kurumaebi -
熊本県の県魚。淡い褐色の地に青褐色の縞模様があり、体を丸めると車輪のように見えることからクルマエビと呼ばれる。尾が青から黄色へと変化しているものが新鮮で、むき身を生で食べると美味しい。全国的に熊本県産のものは有名。
全長20~25cm。
 
「くまもとの赤」ブランド
  

たこ - Tako -  / むぎわらたこは旬の合言葉

たこ - Tako -
8本の足や独特の姿態が親しまれている。名の語源は「多肢(たこ)」から。産卵前の夏場がもっとも美味しく、特に「梅雨だこ」「麦藁(むぎわら)だこ」と呼ばれる。ゆでダコや酢ダコなどにされるが、たこ焼きでもおなじみ。イタリアやスペインなどでも食べられる。
全長約60cm。
 
「くまもとの赤」ブランド
  

はも - Hamo -  / 祭りのはもは美味の極み

はも - Hamo -
鋭い歯を持ち、強く「食む(はむ)」ことから名づけられたさかな。「梅雨の水を飲んで美味しくなる」といわれ、京都や大阪では祭りの料理として好まれる。小骨が多く「骨斬り」と呼ばれる特殊な料理法で知られているが、すり身にして食べるのも美味。
全長70~200cm。
  

秋のさかな

 

がざみ - Gazami -  / 殻は固いが味は濃厚

がざみ - Gazami -
通称「ワタリガニ」。甲羅の形は菱形で、4番目のひれ状になった足で海中を泳ぐ。有明海や八代海で多くとれる。秋から旨みを増す定番のご馳走。ゆでたり蒸したりするときれいなオレンジ色になる。
全長10~20cm。
  

しいら - Shiira -  / 大きな体と美味しさは食卓の味方

しいら - Shiira - (2)
釣り上げる際、引きが強いことから「まんびき」とも呼ばれるさかな。県内では天草灘の沖合でとれる。張り出した頭が特徴。鮮度のいいものは刺身でも美味しいが、フライやムニエルなどでも食べられる。
全長90~180cm。
  

たちうお - Tachiuo -  / 魚の美味はこの塩焼きに尽きる

たちうお - Tachiuo -
立って泳ぐ様子や、太刀に似ている姿から「たちうお」と呼ばれる。とれたてはキラキラと美しい輝きがある。内湾の「たちうお」は特に脂がのっており、塩焼き、煮付けはもちろん、新鮮なものは刺身にしてもコリコリとした食感で美味しい。
全長60~120cm。
 

もちうお - Mochiuo -  / 天草で秋の到来を告げる魚

もちうお - Mochiuo -
正式名は「イボダイ」。県内では「シズ」と呼ばれることもある。小型ではあるが、脂がのって美味。白身の肉質は煮付けにもいいが、新鮮であれば刺身も格別。
全長約20cm。
 

冬のさかな

 

がらかぶ - Garakabu -  / 体は真っ赤でもその身は真っ白

がらかぶ - Garakabu -
一般的には「かさご」と呼ばれるさかな。背びれの鋭いとげと大きく張り出した目が特徴的。真っ赤な体に反して、身は白身であっさりした味わい。唐揚げや煮付けなど、頭から尾まですべて食べることができる。
全長約30cm。
 

このしろ - Konoshiro -  / 漢字で書いても旬は冬

このしろ - Konoshiro -
産卵前の冬が旬なことから「鮗」と書く。県内では「ツナシ」と呼ばれることが多い。大きさによってしんこ、こはだ、このしろと呼び名がかわり、1~2年で成魚になる。酢でしめて寿司だねとして食べられるほか、塩焼きや煮付けも美味しい。
全長約20cm。
 

ひらめ - Hirame -  / 姿と形が「ざぶとん」そっくり

ひらめ - Hirame -
夜行性で日中は砂に潜り、目だけ出している。肉厚で大きいものは「ざぶとんひらめ」の愛称で呼ばれる。産卵前の冬場に脂がのって美味しい。白身のあっさりした味で、刺身、特にひれの付け根の部分である「縁側」は美味。
全長約50cm。
 

ぶり - Buri -  / 大きくなるにつれ名が変わる出世魚

ぶり - Buri -
正月や婚礼などに欠かせない縁起の良いさかな。もじゃこ、やずこ、やず、はまちなどと大きくなるにつれ名前を変える”出世魚”。天草灘では一本釣、定置網漁などでとれる。刺身や照り焼きのほか「ぶり大根」として食卓にのぼることが多い。
全長約110cm。
 
このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 水産振興課
電話:096-333-2457
ファックス:096-382-8511
メール suisanshinkou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:17266)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.