熊本県

再春館レディース・レジデンス

最終更新日:
土木部 建築課 TEL:096-333-2533 FAX:096-384-9820 メール kenchiku@pref.kumamoto.lg.jp

 

再春館レディース・レジデンスの写真です

くまもとアートポリスの民間プロジェクト第一号。
この女子寮は、新入社員が会社での最初の一年間を過ごすための建物である。
80人で生活することの一体感が重視された結果、寮というよりは、むしろ大きな家として計画が進められた。
個室以外の部分は、基本的には一室の大空間であり、採光や通風を十分取り入れることで、明るく開放的な住空間が目指されている。

建築概要

 地盤面から40cm掘りさげた高さに80人を収容する45.0mx4.5mのRC造の寝室棟2棟を、敷地の長辺方向に配置し、挟まれた巾9mのゾーンがリビングスぺ一スに、その外側がプライベートテラスにあてられた。
 浴室、ゲストルーム、管埋人室、テラスなどは2階に設けられた大空間の中に配置されている。
 大空間を構造的に支持する5本の塔には、1階部分ではトイレが、上の部分では大空間のための空調・換気、給排水等の設備が納められている。

再春館レディース・レジデンスの写真です再春館レディース・レジデンスの写真です

<建築データ>

名称 再春館レディース・レジデンス
ふりがな さいしゅんかんれでぃーす・れじでんす
所在地 熊本市帯山4丁目323-1、323−10
主要用途 女子杜員寮
事業主体 株式会社再春館製薬所
設計者 妹島和世
施工者  
 建築 岩永組
 電気 馬場電機商会
 空調 蘇陽施設産業
 衛生 蘇陽施設産業
 植栽 三和樹木苑
敷地面積 1,223m2
建築面積 851m2
延面積 1,254m2
階数 地上2階
構造 鉄筋コンクリート造+鉄骨造
外部仕上  
 屋根 ステンレスシートシーム溶接工法
 外壁 耐火パネル35mm、アルミパネルほか
施工期間 1990年11月~1991年7月
総工事費 550百万円

<受賞データ>

1992年 新日本建築家協会新人賞
1995年 アジア太平洋デザイン賞

<建築家プロフィール>

妹島和世さんの写真です 妹島 和世(せじま かずよ)
1956年 茨城県生まれ
1981年 日本女子大学大学院修了、(株)伊東豊雄建築設計事務所入社
1987年 妹島和世建築設計事務所設立
1990年 (株)妹島和世建築設計事務所設立
主な作品
PLATFORM 123、カステルバジャック・ショップ、Europaria 89 Japan 展会場構成、HAREBARE(家具)
受賞歴
1988年 SD Review 1988鹿島賞
1989年 BL国際デザインコンペティション優秀賞
1990年 SD Review 1990 SD賞 ほか


PHOTO:宮井政次

このページに関する
お問い合わせは
土木部 建築課
電話:096-333-2533
ファックス:096-384-9820
メール kenchiku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1655)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.