熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  観光・文化・国際  >  阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!
ホーム  >  分類から探す  >  観光・文化・国際  >  観光・物産・世界遺産  >  世界遺産をめざして  >  阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!
ホーム  >  分類から探す  >  観光・文化・国際  >  観光・物産・世界遺産  >  世界遺産をめざして  >  お知らせ  >  阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!
ホーム  >  分類から探す  >  観光・文化・国際  >  観光・物産・世界遺産  >  世界遺産をめざして  >  阿蘇-火山との共生とその文化的景観  >  阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!
ホーム  >  組織から探す  >  企画振興部  >  文化企画・世界遺産推進課  >  阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!
ホーム  >  報道資料一覧  >  阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!

阿蘇の景観フォトコンテスト 入賞作品決定!

最終更新日:
企画振興部 文化企画・世界遺産推進課 TEL:096-333-2154 FAX:096-381-9829 メール bunkasekai@pref.kumamoto.lg.jp

「阿蘇の景観フォトコンテスト」入賞作品決定しました!

  国の重要文化的景観の選定を目指して取組みを続けている「阿蘇の文化的景観」について、
  写真で表現することで、より多くの方に阿蘇の価値や魅力を知ってもらうことを目的にフォト
   コンテストを実施しました。
  県内外から600点を超える作品が応募され、厳正な審査を行った結果、入賞作品が決定しました。
  また、平成28年3月22日(火曜日)から25日(金曜日)まで、県庁新館1階ロビーにおいて、
  入賞作品パネル展を開催します。
 

入賞作品一覧

 ※作品名をクリックすると、写真をみることができます。

  作品名 氏名審査講評 
 最優秀賞悠久の時 新しいウィンドウで 東 トミ子

 高森らしい厳しい自然地形と、それをあか牛が開いた歴史を象徴するような

草原で、テーマがうまく撮影されている。手前の平坦な草原の部分と、奥の厳

しい地形にある森林も対照的で良い。

 あか牛を被写体にすることで人との繋がり(生業)も分かる。

 優秀賞阿蘇谷の夏 新しいウィンドウで 森口 昭十四

 子どもを被写体にしていることで、阿蘇の未来への繋がりをイメージさせる。
祭りの前の足早に行こうとする姿か、又は祭りの後の解放された姿なのか、子

どもの動きを入れた景観が、素晴らしい。
 阿蘇谷らしい景観で、内側から見た阿蘇の視点が良い。

 入選(阿蘇市長賞)干草刈り 新しいウィンドウで 村上 利美

 雄大な阿蘇の草原で冬支度をする阿蘇の営みを1枚に収めた素晴らしい作品。
不規則に刈り取られた草原と、奥に広がる区画整理された阿蘇谷の農地が対照的で、

緻密に計算された構図が阿蘇の原風景をよくとらえている。

 入選(南小国町長賞)千年続く草原 新しいウィンドウで 森永 光洋

 悠久の歴史の中で、人々の営みによって築かれてきたこの草原は、南小国町の

代表的な景観の一つであり、町民の誇り、そして財産でもある。私達は先人への

感謝を胸に、次世代に継いでゆくために何をすべきかを考えてゆく。

 入選(小国町長賞)涼風のベール 新しいウィンドウで 岩渕 貴志

 小国町を代表する名所「鍋ヶ滝」。滝の裏側からその流れを見ることができる

珍しいこの滝。この作品ではその水の流れと、周辺の緑が爽やかな空気を感じさせる。

 入選(産山村長賞)棚田の代掻き風景 新しいウィンドウで 島田 史郎

 春を感じとることができる作品。 扇棚田については風景のみ作品が多い中、

田植え機や山吹水源から引いた水を活用した農作業の様子を捉えた作品は珍しく、

テーマにも合致している。

 入選(高森町長賞)続く道 新しいウィンドウで 上野 裕紀子

 注連縄・狛犬・参道の画面配分が安定しており、構図的に無駄がない。

 また、上色見熊野座神社の特徴である長く続く参道が上手く写し出されており、

神秘的な雰囲気が大いに伝わってくる作品である。

 入選(南阿蘇村長賞)神秘の泉 新しいウィンドウで 野口 沙希美

 古来より阿蘇の景観は、人間と自然の共同作業により育まれてきた。
 南阿蘇に広がる田園風景と草原は、そういう先人達が作り上げたアートである。

 この写真には、人々の生業の源であり、欠かせない水源をテーマに、その透明さと

奥深さの中にある神秘性が表現されている。

 入選(西原村長賞) 武田 博

 冬にたまった枯れ草などを燃やして、これから生えてくる若草の肥料にするために

行い、昔から春の訪れを告げる大切に守られてきた夜の野焼き。その勇壮な姿を表現

している。

 

 

テーマ

 『阿蘇の暮らしを伝える景観 ~未来に残したい阿蘇の文化的景観~』

  ~文化的景観とは~

   人間の営みが長い時間をかけてつくり出した景観のことで、具体的には草原、農山村(棚田、里山、杉林ほか)、

         温泉、湧水、信仰、文化等の景観を指します。

 

主催等

   主催:阿蘇世界文化遺産登録推進協議会(熊本県、阿蘇市、南小国町、小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、西原村)

   後援:阿蘇ジオパーク推進協議会、阿蘇草原再生千年委員会、阿蘇草原再生協議会、阿蘇地域世界農業遺産推進協会

       公益財団法人 阿蘇地域振興デザインセンター

このページに関する
お問い合わせは
企画振興部 文化企画・世界遺産推進課 世界遺産推進班
電話:096-333-2153
ファックス:096-381-9829
メール bunkasekai@pref.kumamoto.lg.jp 
(ID:14771)
別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
別ウインドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.