熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  学び・子育て  >  「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」について
ホーム  >  分類から探す  >  学び・子育て  >  結婚・子育て支援  >  児童虐待防止  >  「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」について
ホーム  >  分類から探す  >  学び・子育て  >  結婚・子育て支援  >  児童虐待防止  >  お知らせ  >  「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」について
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉部  >  子ども家庭福祉課  >  「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」について

「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」について

最終更新日:
健康福祉部 子ども家庭福祉課 TEL:096-333-2228 FAX:096-383-1427 メール kateifukushi@pref.kumamoto.lg.jp

「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」 テーマ:~子どもの虐待を予防するためには~ の開催のお知らせ

 子どもへの虐待に関する相談対応件数は過去最高となっており、子どもの生命が奪われるなどの重大な事件も後を絶たない状況です。子どもへの虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題であり、虐待の発生予防、早期発見、早期対応から虐待を受けた子どもの自立に至るまでの切れ目のない総合的な支援が必要となっています。
 そこで、県民及び児童虐待防止に係る関係者が「児童虐待問題」に対する理解をより一層深め、関わりをもっていただく機会とするためにに下記のとおりシンポジウムを開催します。
 
 <内容説明>
 今年6月、東京都目黒区で5歳の女児が虐待を受け、亡くなるという事件がありました。児童虐待は他人事ではなく、身近に起こりうることです。
私たちも日常生活の中で、子どもをはじめとするあたりやすい身近な人に、虐待とまではいかなくても、ついあたってしまうことがあるかもしれません。
 講師の壮絶な虐待体験の話を通じて、自分自身のイライラの原因を理解し、怒りと上手に付き合うための心理療法である「アンガーマネージメント」についても学びながら、児童虐待防止に向けて私たちは何ができるのかを考えてみませんか。
 
                           記
 

日時:平成30年11月23日(金・祝)13時30分~16時15分

場所:くまもと県民交流館パレア(熊本市中央区手取本町8-9) ※公共交通機関でお越し下さい。

対象者:県民の方、児童虐待防止関係者(要保護児童対策地域協議会構成機関、子育て支援機関、民生委員・児童委員、行政等)

内容:

 ・講演会

  演題  「児童虐待防止に向けて私たちができること」

  講師  島田 妙子 氏 (児童虐待防止機構オレンジCAPO 理事長)

 

 ・質疑応答等

 

参加申し込み

 先着300名

 申込締切:11月14日(水曜日)まで

 

 ※託児がある場合の締切:11月9日(金曜日)まで
 

 (1)URLからの申込み 

   https://s-kantan.jp/pref-kumamoto-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=1511

  

 (2)QRコードからの申込み

 

   QR 2018

 

 (3)電話による申込み

  096-333-2228 子ども家庭福祉課 子ども福祉班まで(平日 8時30分~17時15分)

 

 皆様の御参加をお待ちしています。

 

 

チラシ

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 子ども家庭福祉課
電話:096-333-2228
ファックス:096-383-1427
メール kateifukushi@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:13523)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.