熊本県

黒菜

最終更新日:
農林水産部 農産園芸課 TEL:096-333-2387 FAX:096-382-8612 メール nousanengei@pref.kumamoto.lg.jp

伝統野菜

黒菜

来歴

昔から小国町岳の湯地区で栽培されてきたが、来歴は不明。小松菜から分化したと言われる。
  

特長

冬場に小国町岳の湯地区の温泉熱で地温が高い、ごく限られたほ場で栽培されている。
(地域は、あちこちで温泉の蒸気が噴き出している。)
温泉の蒸気で蒸して、おひたしや白和えにして利用されている。

産地

小国町岳の湯地区の温泉熱で冬場でも地温の高い圃場
※入手可能時期及び場所
家庭内消費用に栽培されている他、岳の湯温泉内の直売所で一部販売(12~1月)
黒菜栽培地   黒菜

このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農産園芸課
電話:096-333-2387
ファックス:096-382-8612
メール nousanengei@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1236)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.