熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  動物、植物、自然公園  >  動物愛護  >  お知らせ  >  ~県から譲渡された犬猫たちの今~
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉部  >  健康危機管理課  >  ~県から譲渡された犬猫たちの今~

~県から譲渡された犬猫たちの今~

最終更新日:

~譲渡された犬猫たちの今~

 県保健所では、犬猫の命をできる限り救うため、迷子犬や飼い主からやむを得ず引き取った犬猫を新しい飼い主さんに譲渡しています。
 県保健所から譲渡した犬猫は、今どのように過ごしているのでしょうか?
 現在の様子を教えていただきました。 
 

名前:リコ(八代保健所から譲渡)

 八代リコ1  八代リコ2

 ○飼い主さんのコメント
  熊本地震の2ヶ月後、はちボラ代表 高野氏のブログで被災した犬たちが
  保健所にあふれていることを知り、福岡県から迎えにいきました。
  最初はとても恐がりな性格で、いつもビクビクしていましたが、
  今では私たちにとって娘でもあり、孫のような愛しい存在です。
  リコが我が家にやって来て間もなく二年になりますが、
  日々共に暮らすことで掛け替えのない家族になりました。

 

名前:ゆい(御船保健所から譲渡)

        【譲渡前】                      【譲渡後】
 御船ゆい譲渡前   御船ゆい譲渡後1 御船ゆい譲渡後2
  ○飼い主さんの手紙(一部抜粋)
   早いものでゆいちゃんが我が家にやってきて8ヵ月も経ちました。
   子どもがアレルギーなのでシャンプーをまめにしないといけないのですが、ゆいちゃん、
   洗われてる間ずっとお風呂場の中をグルグル…そして私もグルグル追いかけながらシャワー…大変ですが楽しいです(笑)
   たまに公園でロングリードにつないでボール遊びをします。ゆいちゃん、めちゃくちゃ上手で空中キャッチするんですよ‼
   「オスワリ」「オイデ」は完璧です。「フセ」「マテ」は練習中です^_^
   これからもお身体ご自愛されお仕事頑張ってください。本当にありがとうございました‼
 

名前:はな(宇城保健所から譲渡)

       【譲渡前】                  【譲渡後】
 宇城はな保護時  宇城はな譲渡後 

 ○飼い主さんの手紙(一部抜粋)

  もらい受けたわんちゃんは、非常におとなしく、しばらくは鳴き声も殆ど出さず不安そうに過ごしていました。

  しかし、1日2日と経つうちに徐々に私たちの声によく反応を示すようになってきました。

  呼び名は、私たちの声によく反応した「はなちゃん」と決めました。

  今は、1日2回の散歩を楽しみにしているようです。

  足取りも少しずつしっかりして、しっぽも上に向くようになってきました。

  かなり高齢のようですから、いつまで元気にいられるかわかりませんが、最後までしっかりかわいがって面倒を見ようと思っています。

  早く私たちに慣れてわがままを言えるようになってくれることを願っています。

 

名前:はな(水俣保健所から譲渡)

 水俣はな

 ○飼い主さんの手紙(一部抜粋)
  仔犬は、”はな”と命名しました。
  我が家は、先代犬もすべて保護した子ばかりで、室内で飼っていたので…もちろん”はな”も室内で暮らしています。
  水俣から、阿蘇に来て寒いのが苦手なのか…コタツがお気に入りです!
  お陰様で、はなを迎えてから…毎日が楽しく賑やかになりました。
  ご縁を頂いて、大変感謝しております。ありがとうございました!
  今後も、保護された子たちが…1匹でも多く新しい家族に出会えるようにお祈りしております。
 

名前:コムギ(天草保健所から譲渡)

 天草コムギ

  ○飼い主さんの手紙
   以前飼っていた愛犬からの死からどうにか立ち直ってきた頃、テレビで、熊本の地震により動物の収容先不足が話題になっていて、
   一匹でも命を救えたらとネットで検索し、今回の犬に出会いました。
   まるで生まれ変わりのように以前の犬にそっくりで、すぐに申し込みました。
   頂いた時は、3ヶ月に満たないくらいで、まだまだ小さな小犬でしたが、今では18kg近くまで成長しました。
   譲渡会で犬の尊い命を救えた喜びはもちろんのこと、今では我が家の癒し的存在になり、しっかり家族の一員になっています。
   今後も、譲渡によって一匹でも多くの命を救って頂くとともに、譲渡先でも動物たちが幸せに暮らせますようお祈りいたします。
 

名前:キナコ(御船保健所から譲渡)

       【現 在】
 
現在1現在2現在3
  ○飼い主さんの手紙
   犬の名前は きなこ です。 ママが みふねほけんじょ から つれてきました。
   かわいい女の子の犬です。10才ですが、うさぎみたいに はねたりします。

  「ワン」と ほえたのは4回しかありません。

   ごはんを食べるのが だいすきです。エサがあると すぐに来る くいしんぼうです。すぐに食べてしまいます。

   でも とてもいい子です。ひろいぐいをしたり ケージにはいっていると ねてばかりいます。

   食べることと、ねることが すきなんだと思います。おさんぽも、もちろん すきです。

   これからも たいせつに そだてていきます。

 

名前:凛(菊池保健所から譲渡)

      【現 在】
kikuti
 ○飼い主さんの手紙
  たまたまTwitterで流れてきた1匹のワンちゃんの情報を見て、引き取ってから1年がたちました。
  柴犬をひと回り大きくしたくらいの雑種の女の子。
  あれから1年たちました。ナンバー03100913の女の子は凛(りん)と名前をつけて、
  今ではすっかり家族のアイドルです(笑)
  鹿児島に戻る車の中、あまりにもくさくて(笑)
  大丈夫かな、と思ったこともありましたが(笑)
  家族全員に愛されて、毎日のんびり楽しく生きてくれています。
  世の中にはたくさんのワンちゃんも、いろんな人もいて全てがうまくいくことは難しいことだとは思うのですが、
  凛のように、またのびのびとお日さまの下でお昼寝できるワンちゃんが1匹でも増えることを祈ってます。 
 

名前:ぐり(別名:むらやま)(御船保健所から譲渡)

      【保護当時】

保護当時
      【現 在】
現在1現在2現在3
 
 ○飼い主さんの手紙

  絵本の「ぐりとぐら」から「ぐり」と名付けましたが、村山元首相にそっくりなので、別名「むらやま」とも呼んでいます。

  来た当初はガリガリでしたが、3キロも体重が増えふっくらし、毛並も良くなってきました。

  おとなしく、手のかからない良い子です。70代の母親の良い散歩相手になってくれています。

  散歩中に「可愛いですね」と声をかけられることも多く、とても楽しい毎日です。

  一生大事にします。

 

名前:チビ(山鹿保健所から譲渡)

      【保護当時】            【現 在】

保護当時現在

 

 ○飼い主さんの手紙

  犬の名前はチビにしました。元気です。

  毎日散歩は無理ですけど、犬小屋からひも(くさり)を長めにして犬がストレスをためないようにしています。

  休みの日には1時間散歩をしています。

  普通の日は雨とか風が吹いていなければ1日ごとに15分散歩に行きます。

  なるべく毎日散歩には連れていくようにします。

  もう1匹、家にいるダックスフンドと仲が良くなりました。最初は心配しましたが・・。

  いろいろ書いて長くなりましたが、大切に大事にします。ありがとうございました。

 

名前:タビ(山鹿保健所から譲渡)

    【保護当時】

保護当時

    【現 在】

現在現在現在

 

 ○飼い主さんからの手紙

  名前は、私の父が足先が白いので「タビ」と名付けました。

  女の子なので「タビ子」と呼んだりしています。

  とっても甘えん坊で、人に抱っこされるのが好きです。

  その一方、おてんばで、廊下を猛ダッシュしたり、おもちゃに向かって高くジャンプしたりと見ていて飽きません。

  仕事でお留守番させることも多いのでちょっと寂しい思いをさせていると思うのですが、着々と大きくなっています。

  出会いをいただいた山鹿保健所の皆さんに感謝しています。

  タビはすっかり家族の一員です。

 

名前:マル(山鹿保健所から譲渡)

    【保護当時】

保護当時

    【現 在】

現在現在現在

 

 ○飼い主さんからの手紙

  12月8日に狂犬病予防注射も済ませました。26日歯石除去の手術を受けます。

  滅多に吠えることはないのですが、吠えたときは嬉しいものです。可愛いです。癒されます。

  ありがとうございました。

  最後までお世話させていただきます。

 

名前:くぅ(山鹿保健所から譲渡)

    【保護当時】

保護当時

     【現 在】

現在現在現在

 

 ○飼い主さんからの手紙

  子猫、名前は「くぅ」です。

  今までに、ハムスター、フェレットを飼いましたが、やはり同じ名前でした(笑)

  猫は初めてですが、こんなにカワイイとは思いませんでした。

  また、残った2匹も気になっていましたが、無事貰い手が現れたようで安心しました。

  子育ても終わり、張り合いのない暮らしでしたが、又楽しみが出来ました。

  家にも、トイレにもすぐに慣れ、翌日からは家の中を走りまわっていました。

  600gだった体重も今は1キロを超える位まで成長しました。噛み癖がありますので、毎日格闘しています。

  昼は網戸越しに外のすずめを眺めながらよく寝ています。キャットタワーも飼いました(笑)

  夕方は主人の側で、夜は私の所で寝ています。かわいいですね。

  予防注射も今月はじめに5種混合を済ませ、来月はじめに2回目をします。

  避妊手術は生後半年位と聞きましたので、12月~1月を予定しています。

  完全室内飼いで大切に、時に厳しく育てたいと思っています。

  ご縁を頂けた事に感謝いたします。有難うございました。

 

名前:太郎(山鹿保健所から譲渡)

      【保護当時】

保護当時

      【現 在】飼い主さんからのコメント付き

現在現在現在

この高い所が大好きです

ストーブも好きです

とっても元気です


 

阿蘇保健所から譲渡

      【保護当時】

保護当時保護当時
   
      【現 在】
譲渡後
 ○飼い主さんのコメント
  阿蘇保健所より譲り受けました3才ぐらいのビーグル犬の登録と狂犬病予防注射が済みましたので、
  彼女(ビーグル)の近影と登録写真を送ります。
  とても甘えん坊でやんちゃな犬をいただきとても感謝いたしております。
  今後も一匹でも不幸な動物をなくすためご尽力いただきますようお願い申し上げます。
 

名前:ジローラモ(阿蘇保健所から譲渡)

       【保護当時】

保護当時
       【現 在】
現在現在現在
 
 ○飼い主さんのコメント
  我が家では、白ワンコにジローラモ(通常ジロー)と名前を付け、かわいがっております。
  ジローもまるで何年も前からうちにいるかの様に馴染んでいます。
  先日、狂犬病ワクチンを接種し、登録を済ませましたのでお知らせいたします。
  迷子札を首輪につけて、二度と施設のお世話になることのない様に、注意しております。
  阿蘇保健所の皆様には、ジローとのすばらしい出会いを与えていただき、感謝しております。
  これからも、我が家の一員、大事な家族として、大切に育ててまいります。

 

名前:小次郎  (阿蘇保健所から譲渡)

        【保護当時】            【現  在】

保護当時の写真現在の様子

 ○飼い主さんのコメント

 昨年11月17日に引き取らせて頂いたアメリカンコッカーの小次郎です♪

連れ帰った一日目は、夜中鳴いていましたが、2日目から落ち着きました(^_^)/

7歳は超えていそうなお爺ちゃんですが、とても元気!!

私たち家族と出会わせて頂いて、本当にありがとうございました。

 

 

名前:ザック (八代保健所から譲渡)

      【保護当時】

保護当時

       

       【現 在】

現在の様子1現在の様子2現在の様子3現在の様子4

 ○飼い主さんのコメント
  ザックは、当時のサッカー日本代表の監督からつけた名前。

  保健所で助け出される命があることを初めて知った時に出会った子です。

  大きな体で精一杯嬉しいを表現する、今ではみんなの人気者です。

  残念ながら、サッカーボール遊びには興味がありません!

  毎日更新するブログでも日々明るく楽しい発見を私たちに教えてくれます!

 

 

名前:ジャック (八代保健所から譲渡)

     【保護当時】               【現 在】

保護当時現在の様子

 ○飼い主さんからのコメント

  家族で営むお店の看板ワンコです。元気なお散歩大好きな子です。

  美味しい香りにもちゃんと我慢でき、お客様にも声をかけてもらいとっても幸せなワンコです。

  時々まだイタズラもしますが、根気よく、家族として学んでいきたいと思います。
 
 

名前:バニラ(母犬)、ミニバニラ(子犬) (八代保健所から譲渡)

       【保護当時】

保護当時
      
        【現 在】
現在現在現在現在
 
 ○飼い主さんのコメント

  野良犬だったとは思えないくらいおとなしく、お利口です。

  里親になると決めてすぐに出産し驚きましたが、上手に子育てをして、

  他の仔犬たちもそれぞれ素敵な里親さんが見つかりました。時々会いにいきます。

  一緒に過ごすうちに心をひらき、穏やかになる様子に、環境次第でこんなにも変わるものなんだと思います。

  バニラの子はミニバニラとして一緒に暮らしています。お転婆で可愛い子です。
 
 

名前:ベア (八代保健所から譲渡)

      【保護当時】
保護当時
            
             【現 在】
現在現在
 
 ○飼い主さんのコメント

  大きな体で引きも強く、いろいろと悩みながら暮らしていますが、かけがえのない家族になりました。

  猫が苦手な面は、慎重にこちらが気を付けて距離をとって過ごしています。

  たくさんの方々の思いで救われたベアからは、日々、いろんなことが感じられます。
  ベアは犬らしい本能を持った子、素直でやんちゃな、我が家の愛犬です。
 

 

どの子も、とても幸せそうな表情をしていますね。

犬猫を家族に受け入れたいと思ったとき、県保健所から譲り受けることについてもぜひ検討してみてください。
なお、犬猫を適正に飼育する飼い主さんを増やすため、県保健所から犬猫を譲り受けたい方は、事前に譲渡講習会を受講していただいています。
譲渡できる犬猫の情報は、熊本県動物愛護管理ホームページ新しいウインドウで(外部リンク)をご覧ください。

 

 

 
このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 健康危機管理課 動物愛護班
電話:096-333-2248
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:12178)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.