熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業  >  農業  >  生産力・技術力の強化  >  くまもと県南フードバレー  >  い業研究所
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業  >  農業  >  農業研究センター  >  い業研究所
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業  >  農業  >  農業研究センター  >  お知らせ  >  い業研究所
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業  >  農業  >  農業研究センター  >  組織の紹介  >  い業研究所
ホーム  >  組織から探す  >  農林水産部  >  農業研究センター  >  い業研究所

い業研究所

 い業研究所は、日本で唯一の「いぐさ」試験研究機関として、いぐさの品種育成や栽培加工技術の改善に取り組んでいます。また、平坦水田地域における主力作物である「トマト」「いちご」の高品質、省力安定生産技術や、露地野菜を含め鮮度保持技術の開発に関する試験研究をはじめ、「いぐさ」「トマト」の機能性を利用するための技術開発にも取り組んでいます。

 さらに、平成27年度には、くまもと県南フードバレー構想実現に向け、農産物加工試作や成分分析、商品開発、6次産業化への相談対応等のアグリビジネスへの支援を図るため、フードバレーアグリビジネスセンターを設置しました。

平成28年度からは、県南地域の特産品である「いぐさ」の栽培・加工技術の普及指導体制を集約し、技術指導の効率化を図るため、いぐさ普及指導室を新設するなど、地域農業の発展に寄与することを目指しています。

看板・本館
ABC

い業研究所看板及び本館

フードバレーアグリビジネスセンター

いぐさほ場野菜ハウス
            いぐさ試験ほ場            野菜試験ハウス
 

研究室紹介

 い業研究所(八代市鏡町)

 アグリビジネス支援室新しいウインドウで(外部リンク) アグリビジネスに関する相談及び開発等支援
フードバレー推進室 新しいウインドウで(外部リンク)

くまもと県南フードバレー構想の推進

 いぐさ研究室

いぐさ優良品種の育成といぐさ栽培・加工技術の確立
いぐさの機能性解明、デザイン花莚製作 

 野菜栽培研究室 

平坦水田地帯における野菜栽培及び鮮度保持に関する研究

 いぐさ普及指導室

いぐさの栽培・加工技術の普及・指導

関係機関等リンク

施設等の概要

概要 位置: 八代市鏡町鏡村363
地形:平坦、三角州性低地(旧干拓地)
標高: 3m
気候: 年平均気温17.0℃/年間降水量2,194mm
(日本気象協会による2003~2012年における各月の推計値を元に、農業研究センターで算出)
土壌: 細粒グライ土(全国土壌統名:三隅下統)
(土壌の母材:非団粒性積岩、乾湿の区別:半湿田)
施設 総面積: 46,917.66平方メートル
ほ場面積: 水田11,200平方メートル、畑9,900平方メートル
建物:

研究本館実験棟、加工実験棟、園芸作業棟、い草作業棟、省エネい草乾燥施設、原草貯蔵選別調査棟、染色廃液処理施設、堆肥舎、恒温恒湿室、研修館、展示室
ガラス温室7棟、ビニールハウス8棟、硬質フィルムハウス2棟

フードバレーアグリビジネスセンター1棟

連絡先

住所:〒869-4201 八代市鏡町鏡村363
電話番号:0965-52-0372(代表)
ファックス番号:0965-52-7993

交通アクセス

  1. 九州自動車道氷川スマートインターチェンジから車で15分
  2. 九州自動車道八代インターチェンジから車で20分
  3. JR鹿児島本線有佐(ありさ)駅からタクシーで5分
  4. JR九州新幹線新八代駅から車で20分

地図

(ID:1082)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.