熊本県

中小家畜研究室

最終更新日:

試験研究の概要

主に豚及び鶏に関する試験研究を行っています。

(豚)
  県産ブランド豚肉「ひごさかえ肥皇」の生産を支える優良種豚の育種改良、飼料用米や地域未利用資源を活用した食料自給率向上のための飼養管理技術、暑熱環境の下での繁殖成績の向上を可能とする高度繁殖技術などに取り組んでいます。

(鶏)
  低コストで高品質の鶏肉・鶏卵の生産を図るため、育種改良による新系統鶏の開発及び地域特産鶏の開発保存、飼料用米や地域未利用資源を活用した食料自給率向上のための飼養管理技術、ならびに環境への負荷を低減するための飼養技術の研究を進めています。
ヒゴサカエ302の写真 凍結胚移植による産子の写真 霜降り豚肉の写真

ヒゴサカエ302

凍結胚移植による産子

霜降り豚肉

原種「天草大王」の写真 「熊本種」の種鶏の写真 コヒーカラーエッグの写真

原種「天草大王」

「熊本種」の種鶏

コーヒーカラーエッグ


このページに関する
お問い合わせは
農業研究センター
〒861-1113
合志市栄3801
電話:096-248-6423
ファックス:096-248-7039
メール noukenkikaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1077)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.