熊本県

バイオ育種研究室

最終更新日:

試験研究の概要

~バイオテクノロジーを活用した農業技術の開発~

 

組織培養や遺伝子工学技術を利用した育種の効率化や育種材料の育成、品種識別技術の開発など、バイオテクノロジーを活用した先端技術研究をおこなっています。

1.DNAマーカーを利用した育種の効率化

2.組織培養を利用した野菜・花き等新育種素材の育成

3.DNAマーカーを利用した熊本県オリジナル品種の識別技術開発

 

 水稲品種開発で育成途中の系統の中から、DNAマーカーを使って病気に強い遺伝子をもった系統の選抜を行っています。

 

DNAマーカー

                DNAマーカーによる病害虫抵抗性遺伝子をもつ系統の選抜(電気泳動)

                 *矢印の位置にバンドがある番号が抵抗性遺伝子をもっている系統

 

組織培養やイオンビーム等を利用して有用形質をもった野菜・花き等の育種素材開発に取り組んでいます。

無菌操作レタスの組織培養
              無菌操作            レタスの組織培養

また、県が育成したイグサ、イチゴ、カラーの品種識別DNAマーカーを開発し、新たな品種についても研究を継続していきます。

いぐさいちごカラー

イグサ(ひのみどり、夕凪、ひのはるか、涼風)

         イチゴ(ひのしずく、ゆうべに)

カラー(ホワイトトーチ、ホワイトスワン)

 

 
 

 


(ID:1067)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.