熊本県
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉  >  感染症・疾病対策  >  難病対策  >  指定難病の医療費助成制度のお知らせ
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉  >  感染症・疾病対策  >  難病対策  >  お知らせ  >  指定難病の医療費助成制度のお知らせ
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉  >  感染症・疾病対策  >  難病対策  >  難病  >  指定難病の医療費助成制度のお知らせ
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉部  >  健康づくり推進課  >  指定難病の医療費助成制度のお知らせ
ホーム  >  施設から探す  >  熊本県庁  >  指定難病の医療費助成制度のお知らせ

指定難病の医療費助成制度のお知らせ

最終更新日:

 難病の患者に対する医療等に関する法律の施行に伴い、平成27年1月1日から指定難病患者の方々を対象とした新たな医療費助成制度が始まりましたが、平成30年4月1日現在、指定難病331疾病が医療費助成の対象となっています。

 (疾病一覧は、こちらをご覧ください。 指定難病(331疾病)(エクセル) 別ウインドウで開きます

   申請にあたっては、次の内容をご確認いただき、お住まいの地域を担当する保健所で手続きを行ってください。

 

<熊本市にお住いの方へ>

 平成30年4月1日以降、熊本市にお住いの方の指定難病支給認定事務については、熊本市が行うことになりました。

 熊本県と熊本市では申請様式等が異なりますので、申請にあたっては、熊本市各区役所福祉課にお問い合わせください。

 

1 申請手続きについて(新規申請、変更申請)

 新規申請の際は、「 指定難病の患者の皆様のために(平成30年4月)(PDF:1.12メガバイト) 別ウインドウで開きます」をご確認のうえ手続きしてください。

 また、現在受給者証をお持ちの方で、医療保険や氏名・住所に変更があった場合、県外へ転居した場合、受給者証を紛失した場合等についても「指定難病の患者の皆さまのために(平成30年4月)」をご覧のうえ手続きしてください。

 

2 診断基準及び臨床調査個人票(診断書)  

 新規申請に必要な「臨床調査個人票(診断書)」の様式についてこちらからダウンロードしてください。

   また、疾患によっては、臨床調査個人票の他にCT、MRI等の画像や各種検査結果データ等の提出が必要な場合がありますので、

「臨床調査個人票添付書類一覧表」についても必ず確認してください。

 ・診断規準及び臨床調査個人票新しいウインドウで(外部リンク) 

 ・臨床調査個人票の記載にあたっての留意事項、Q&A、正誤表新しいウインドウで(外部リンク)  

    •  ・PDF 臨床調査個人票添付書類一覧 新しいウィンドウで(PDF:214.2キロバイト)
    • ※ 平成30年4月に一部の疾病で、臨床調査個人票の様式が改正され、また、診断基準や重症度分類も変更となっていますので、
    •  申請にあたってはご注意ください。
    •  
    • 3 申請書類一覧      ※様式は、両面コピーしてください。

      (1)新規申請

  ・ 特定医療費(指定難病)支給認定申請書 20180101 別ウインドウで開きます

  ・PDF 同意書 新しいウィンドウで

(2)軽症高額該当申請 ( 軽症高額該当申請のご案内 別ウインドウで開きます

  ・ 医療費申告書 20180101 別ウインドウで開きます

(3)変更申請又は変更届

  (指定医療機関の変更) 変更申請書(指定医療機関)20180101 別ウインドウで開きます

  (病名の変更)          変更申請書(指定難病の名称)20180101 別ウインドウで開きます

  (上記以外の変更 → 医療保険の変更、住所氏名の変更、自己負担上限額の変更など)                                              

(6)特定医療費の償還払い申請

  ・ 特定医療費(指定難病)支給申請書 別ウインドウで開きます

  ・ 特定医療費(指定難病)証明書 20180101 別ウインドウで開きます

    ※証明書は、指定医療機関で記載してもらってください。

 

4 指定医療機関・指定医について

<指定医療機関>

 指定難病医療受給者の方は、各都道府県等から指定を受けた医療機関(「指定医療機関」といいます。)が行う医療(特定医療)に限り、医療費の助成を受けることができます。指定医療機関以外の医療機関で、指定難病の治療を受けた場合は、医療費の助成を受けることはできませんので、ご注意ください。

<指定医>

 指定難病患者の方が医療費助成の申請を行う際に必要な診断書(臨床調査個人票)は、県知事から「指定医」の指定を受けた医師が作成しなければなりません。指定医には、診断書(臨床調査個人票)の作成区分に応じて、「難病指定医」と「協力難病指定医」の2種類があります。

 ○ 難病指定医    新規申請及び更新申請いずれの診断書(臨床調査個人票)も作成できます。

 ○ 協力難病指定医  更新申請に必要な診断書(臨床調査個人票)のみ作成できます。

 

 指定医療機関及び指定医はこちらをご覧ください。 → (指定医療機関・指定医指定一覧) 

 

5 自己負担上限月額管理票について

 指定難病医療受給者証裏面の「自己負担上限月額管理票」の欄が不足する場合は、こちら 自己負担上限月額管理票を印刷いただき、お持ちの指定難病医療受給者証にホッチキスで留めてご使用ください。

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 健康づくり推進課 総務・特定疾病班
電話:096-333-2210
ファックス:096-383-0498
メール kenkousuisin@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:10108)
別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.