熊本県県央広域本部
県央広域本部
サイト内検索
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  お知らせ  >  宇城地域振興局から  >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  おすすめ情報  >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  宇城地域振興局  >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  宇城地域振興局  >  お知らせ  >  農林部から  >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  宇城地域振興局  >  おすすめ情報  >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  宇城地域振興局  >  ご案内  >    >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~
県央広域本部  >  県央広域本部メニュー  >  宇城地域振興局  >  トピックス  >  引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~

引き継がれる地域の食の技 ~「(有)文殊のちえ」の取り組み~

最終更新日:
宇城地域振興局 TEL:0964-32-2111 FAX:0964-33-4335 メール ukisoumu25@pref.kumamoto.lg.jp

 「文殊のちえ」は、平成8年、宇城市小川町の農産加工グループ2組織と野菜直売グループが連携し、発足しました。

現在は「有限会社 文殊のちえ」として、地域の伝統技術を活かし、ショウガをはじめとした地域食材を使った加工品の製造・販売や、

幅広い年代を対象とした食農教育に取り組まれています。

 

 

  去る10月17日には、舞鴫文殊堂にて、受験シーズンに人気の高い商品となっている「合格祈願みそ」に使用される

麹の祈祷が行われました。

以前は受験者に対し「合格祈願みそ」を使った豚汁などをふるまい、健闘を祈る行事なども行われていました。

現在は「文殊のちえ」にて「合格祈願みそ」が販売され、12月から販売が行われています。

 

 

 しかし、このような地域の食の技の次世代への継承は、後継者不在のため、非常に困難な状況にあります。

このため、「文殊のちえ」の創業者の一人で、くまもとふるさと食の名人である蔵原 節生さんは、これまでの技術の伝承・後継者育成に向け、

現在、製造・販売を統括している大池 早代さんに、これまで培ってきた技術のすべてを継承する活動に力を入れています。

今後、地域の伝統的な技術が引き継がれ、若い世代を中心とした地域のさらなる活性化が期待されます。

 

 

<文殊のちえ>

住所  :宇城市小川町南海東918-3

TEL  :0964-43-4199

営業時間:6時00分~12時00分(火曜日定休日)

文殊堂祈願 合格みそ 蔵原氏と大池氏

 文殊堂での麹祈祷の様子       合格祈願みそ    蔵原さんと大池さん

このページに関する
お問い合わせは
宇城地域振興局 農林部農業普及・振興課
宇城市松橋町久具400-1
電話:0964-32-0351
ファックス:0964-32-0373
メール unounoushin25@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:25882)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.