熊本県県南広域本部
県南広域本部
サイト内検索

風しん抗体検査が無料で受けられます

最終更新日:

 

 

風しん抗体検査が無料で受けられます

 

 

風しんとは

 

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の感染症です。2~3週間の潜伏期間の後、発熱、発疹、リンパ節の腫れといった症状がでます。明らかな症状がみられないこともあります。主な感染経路は、「飛沫感染」で咳やくしゃみなどによって他の人にうつります。発疹のでる前後1週間くらいは、周囲への感染力があると考えられています。

   特に、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が風しんウィルスに感染すると、赤ちゃんが目や耳、心臓などに障害をもって生まれる可能性(先天性風しん症候群)があり、事前の予防が大切です。妊娠中は、予防接種は受けられないため、同居している家族や周囲が配慮する必要があります。

 

 

風しん抗体検査の対象者について

県では、主に先天性風しん症候群を防止するため、以下の対象者の方に対して、風しん抗体検査を無料で実施しています。風しん抗体検査では、風しんに対する免疫(抗体)を持っているかどうかを調べることができます。

 

 

  県内(熊本市を除く)にお住まいの方で、以下の(1)又は(2)に該当する方。

  (1)妊娠を希望する女性とその配偶者などの同居者。

  (2)風しんの抗体価が低い(HI抗体価で16倍以下)妊婦の配偶者などの同居者。

     ※ただし、次のいずれかに該当する方を除きます

       〇過去に風しん抗体検査を受けたことがある方

       〇風しんの予防接種歴がある方

       〇風しんにかかったことがある(検査で確定検査を受けた)方

 ※対象者(2)に該当する方は、母子手帳のコピーなど検査結果がわかるものを提出してください。

 

 

検査の申し込みと検査の流れ

 (1)抗体検査申込書を保健所に提出します。(芦北町、津奈木町でも可)

 (2)保健所(市町村)から受診券を発行します。

 (3)検査医療機関に、電話連絡して検査予約をします。

 (4)受診券と身分証明書等(健康保険証や免許証など)を持って、検査医療機関で検査を受けま

   す(採血を行います)。

 (5)後日(約1週間後)、検査医療機関から結果通知書が送られてきます。

 

 

風しんの予防接種について

 

 風しんの抗体価が低い場合は、風しんに感染する可能性がありますので、予防接種をご検討ください。

 今年度多くの市町村で主に風しんの抗体価が低い方に対して、風しんの予防接種の助成を行っています。予防接種を受けられる前にお住まいの市町村にお尋ねください。

 

 

お問い合わせ先

 

熊本県水俣保健所 保健予防課 電話:0966-63-4104

 

 

関連リンク先

熊本県風しん抗体検査が無料で受けられます別ウィンドウで開きます

 

国立感染症研究所別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 厚生労働省ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

このページに関する
お問い合わせは
芦北地域振興局 保健福祉環境部保健予防課
水俣市八幡町2-2-13
電話:0966-63-4104
ファックス:0966-63-3289
メール ashihohoken25@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:25974)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.