熊本県ようこそ知事室
ようこそ知事室
サイト内検索

“州都”をテーマとした第3回くまもと未来会議

最終更新日:

  “州都”をテーマとした第3回くまもと未来会議を開催しました。


 道州制が叫ばれて久しい中、将来道州制が実現した時に、熊本が「州都」として選ばれるために、今何を考えるべきか。九州全体の発展のために貢献できることは何か。 
 100年後の熊本を見据え、その礎を築く“州都構想”づくりにつなげるため、8月の第2回くまもと未来会議に引き続き、8名の委員のうち6名の委員と議長が「州都」をテーマに意見を交わし、傍聴者にも来場していただきました。
 委員からは、州都を構想するに当たっては、「九州全体が半日経済圏で結びつくためには、アクセスの面からも熊本に州都を置くべき」、「県民の関心を高めるため、熊本市周辺部にどういう波及効果があるのか説明していくべき」、「人が集まってくる、文化的で美しい魅力ある生活圏の形成及び発信が重要」などといった、様々な意見が出されました。 

   1 日時

  平成24年11月26日(月曜日)     午後3時~5時 

   2 場所

  県庁本館 地下大会議室

   3 出席者 (敬称略・50音順) 

  伊東 豊雄   (くまもとアートポリスコミッショナー)

  小野 友道   (熊本保健科学大学 学長)

  姜   尚中   (東京大学大学院情報学環 教授)

  田川 憲生   (熊本商工会議所 会頭)

  坂東 眞理子  (昭和女子大学 学長)

  御厨 貴     (東京大学先端科学技術研究センター 客員教授)

  蒲島 郁夫   (熊本県知事)  

4 配布資料 

  (1)PDF 名簿等 [PDFファイル/128KB]

  (2)PDF 資料 [PDFファイル/164KB]  

  (3)PDF 参考資料 [PDFファイル/1.06MB] 

5 議事録  

  PDF “州都”をテーマとした第3回くまもと未来会議議事録 [PDFファイル/387KB]          

第3回くまもと未来会議の様子


            

このページに関する
お問い合わせは
企画振興部 企画課
電話:096-333-2132
ファックス:096-382-4066
メール kikaku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:3973)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.