message

知事からのメッセージ

「一日も早い復旧・復興に向けて」

 

 熊本地震では、多くの尊い命が失われるとともに、未だ、避難生活を送っておられる方々がいらっしゃいます。不幸にして亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 県では、現在、「被災された方々の痛みの最小化」、「創造的復興」、「創造的復興を地域の更なる発展につなげる」という「復旧・復興3原則」のもと、総力を挙げて、被災者の生活再建と被災地の再生に取り組んでおります。

 復旧・復興はまだ始まったばかりですが、学校には子どもたちの笑顔が戻り、街では商店が営業を再開しています。徐々にではありますが、以前の活気を取り戻しつつあります。また、応急仮設住宅とみなし仮設住宅(※民間賃貸住宅の借上げ)が、合わせて1万戸以上提供されるなど、被災者の方々の住まいの確保も着実に進んでいます。

 私は、今回の未曾有の災害を経験し、改めて、災害に強く、安全安心で、夢や誇りがあり、経済的に安定した熊本を創っていかなければならないという思いを強く持ちました。

 そのため、8月3日には、「復旧・復興プラン」を策定し、県民の皆様に復旧・復興の方向性と熊本の将来への展望をお示ししました。

 復旧・復興プランでは、「県民の総力を結集し、将来世代にわたる県民総幸福量を最大化する」ことを基本理念とし、熊本の将来像として、「災害に強く、誇れる資産(たから)を次代につなぎ、夢にあふれる新たな熊本」を目指していきます。

 被災者の一日も早い生活再建と、熊本の復旧・復興に向けて全力で取り組んで参りますので、より一層の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 

                                                               熊本県知事 蒲島郁夫
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.