熊本県天草広域本部
天草広域本部
サイト内検索

(糖尿病対策情報)第2回天草地域糖尿病性腎症重症化予防研修会を開催しました!

最終更新日:
  •  

第2回天草地域糖尿病性腎症重症化予防研修会を開催しました!

 熊本県では、平成29年12月1日に熊本県糖尿病性腎症重症化予防プログラムを策定し、糖尿病が重症化するリスクの高い医療機関未受診者・治療中断者への適切な受診勧奨により医療に結びつけるとともに、糖尿病で通院する患者のうち、腎症が重症化するリスクの高い者に対する、医療機関と連携した保健指導等により、人工透析等への移行を防止することを目的に取り組みを進めています。そこで、本研修では、市町・保険者と医療機関等が慢性腎臓病や糖尿病性腎症について学び、事例を通して、連携した取組みにつなげ、住民や患者の重症化予防ができるようになることを目的に開催しました。

 

1

 <研修日時>平成30年12月12日(水曜日)19時00分~21時00分
<研修内容>
 1 開会・挨拶 熊本県天草保健所長 服部 希世子 
 2 行政説明 「天草地域の糖尿病対策について」 熊本県天草保健所保健予防課
 3 講義 「透析予防加算と糖尿病腎症について」 天草地域医療センター 医師 平島 義彰 氏 
 4 事例検討
    上天草市の事例発表
    グループワーク テーマ「糖尿病患者が地域で暮らすために」
                                     (1)上天草市の事例から課題と思うことについて
             (2)課題に向けた取り組みは?
             (3)連携につながる行動の第一歩を考える
         
   
                  アドバイザー  天草地域医療センター 医師 平島 義彰 氏
                           木山・中村クリニック 医師 木山 茂 氏
                           熊本大学付属病院   医師 河島 淳司 氏
                <参加者>:天草地域の医師・コメディカル・市町・保険者・健診機関に勤務する職員 53名
 
  参加者からは、「他職種の意見が聞けてよかった」、「今までは行政との連携という考えがなかったので新しい道が開けたように感じた」「顔が見える関係になれた。連携しやすくなったと思う」等の意見があり、医療と行政の連携がより深められたのではないかと思います。
 また、アンケート結果より、本日の研修会について、とてもよかった・よかったが98%であり、その他の項目においても参加者の理解度は高く、今後各々が連携につながる行動に向けて動き出していただければ幸いです。これからも、継続した研修会により、関係者間の顔の見える関係づくり、ネットーワーク構築を図り、天草地域の糖尿病対策を推進できるように支援していきたいと思います。皆さまのご協力よろしくお願い申し上げます。
  

研修結果について

 研修会のアンケート結果およびグループワークで出た意見は下記の通りです。
 ▼アンケート結果および研修会グループワークの各班内容




  


このページに関する
お問い合わせは
天草広域本部(天草地域振興局) 保健福祉環境部保健予防課
天草市今釜新町3530
電話:0969-23-0172
ファックス:0969-22-0455
メール amahohoken25@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:26033)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.