熊本県天草広域本部
天草広域本部  >  天草広域本部メニュー  >  お知らせ  >  農林水産部から  >  「かご」を使用して水産動植物(モクズガニ等)を採捕してはいけません。

「かご」を使用して水産動植物(モクズガニ等)を採捕してはいけません。

最終更新日:
天草広域本部(天草地域振興局) TEL:0969-22-4213 FAX:0969-24-2022 メール amasousoumu25@pref.kumamoto.lg.jp

 熊本県では「かご」を使用した水産動植物(モクズガニ等)の採捕について、以下のとおり規則で定められており、違反すると罰則が適用される場合もありますのでご注意ください。

 

採捕場所が海面の場合

 一般の方(遊漁者)が使用できる漁具漁法は熊本県漁業調整規則(以下、「規則」)第47条※1により規定されており、「かご」を使用して水産動植物(モクズガニ等)を採捕することは、禁止されています。

 また、漁業者が「かご」を使用して採捕する場合でも、規則第7条による県知事の許可を受けなければなりません。

なお、以下※1の漁具漁法であれば水産動植物(モクズガニ等)を採捕することはできますが、共同漁業権魚種※2(地元の漁業協同組合が業(なりわい)として採捕するために管理を行っている魚介や海藻)については、無断で採捕すると、漁業権侵害となることがありますので注意してください。

また、漁業調整委員会指示※3で採捕が禁止されている魚種は、採捕の対象としないようお願いいたします。

 

※1 規則第47条に規定されている漁具漁法(一般の方が使用できる漁具漁法)

・竿釣及び手釣

・たも網、さ手網及びざるすくい(歩行押網別名江突網漁業を除く)

・投網(船を使用しないものに限る)

・やす、は具

・徒手採捕

※2 共同漁業権魚種の例

   藻類:ひとえぐさ(あおさ)、あおのり、わかめ、ひじき、とさかのり等

   貝類:あわび、さざえ、あさり、かき等

   動物:たこ、いせえび、うに、なまこ等

※3 漁業調整委員会指示の例

 (1)熊本県内の海面及び内水面において、全長21センチメートルを超えるうなぎの採捕が10月1日から翌年3月31日まで禁止されています。

 (2)宇城市(有明海側を除く。)から熊本県と鹿児島県との境に至る地先海面並びに上天草市、天草市及び天草郡苓北町の地先海面において、全長15センチメートル以下のマダイを採捕してはいけません。

 

採捕場所が内水面(河川等)の場合

 熊本県内水面漁業調整規則第6条により、一般の方(遊漁者)・漁業者を問わず、「せん漁法(かご等が該当)」によって水産動植物(モクズガニ等)を採捕する場合は、漁業権に基づくものの他は、県知事の許可を受けなければなりません。

 

 ※なお、採捕行為により資源に与える影響等が明らかとなっていないため、許可の可能性については、検討する必要があります。

 

このページに関する
お問い合わせは
天草広域本部(天草地域振興局) 農林水産部水産課
天草市今釜新町3530
電話:0969-22-4364
ファックス:0969-23-2856
メール amanousuisan25@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:25549)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.